wework career_takuya_01
2020.04.03

「中長期的なビジョンを描き、未来志向で突き進む」- 武田 卓哉 WeWork Japan, Growth Strategy & Operations, Manager

GROWTH OPS

WeWork には業界業種を越えた様々な繋がりがありますが、それは社内でも同じです。職歴、生活環境、国籍、考え方、全てが異なり、全てがユニークだからこそ、固定概念にとらわれない自由な働き方を体現しています。そんな社員にスポットライトを当てた本インタビューでは、それぞれの部署で活躍するメンバーを紹介!

今回は、WeWork の事業成長の要とも言えるストラテジーアンドオペレーションズチームで、マネージャーを務める武田 卓哉さんにインタビュー。社内では「天才肌」との呼び声が高い卓哉さんに、これまでのキャリアや仕事のポリシーなどについて伺いました。

 

Text : Mai Tomita
Photo : Aisuke Ito

キャリアの舵取りに迷いなし。さらなる自己成長を確信し、WeWorkに入社

ー まずは、WeWorkでの主な業務内容を教えてください。

会社の成長基盤強化を担うグロースチームの中で、ストラテジーアンドオペレーションズという部署に所属しています。部署の役割は、会社の売上とユーザー数を追いながら、いかにビジネスを大きくしていくかにフォーカスして、ストラテジー(戦略)を考えること、そしてオペレーションのサポートです。

ストラテジーについては、毎年のグロースチーム全体のKPIをどうするか、体制をどうしていくかを、予算から逆算して組み立てます。それを元に、自社プロダクトをどう販売していくか、グロースチームのマネージャーやディレクターたちともコミュニケーションを取りながら、施策を立案・実行しています。

オペレーションに関しては、グロース内のセールスやマーケティングといった各チームのオペレーションを整理したり、彼らがKPIを達成できるように支援したりといったことがメインになります。

wework career_takuya_02

ー WeWorkに入社するまでは、どのようなキャリアを積まれていたのでしょうか?

私は新卒で日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社し、金融機関向けのシステムエンジニアとしてキャリアをスタートしました。主に為替取引の自動化といったシステムの新規開発を行っていたのですが、開発を終えた後は保守・運用のフェーズに入ります。新規開発には大変なこともある一方で、その分すごくやりがいがあって楽しかった。でも、開発を終え、保守・運用が2-3年続くとなった時、なんだか物足りなさというか、成長の余地がないんじゃないかと感じてしまったんです。

そこで、システムエンジニアの経験を生かしつつ、よりビジネス寄りの仕事に携わりたいと思い、外資系コンサルティングファームのPwC Japanグループに転職しました。色々と貴重な経験を積めましたが、コンサルタントである以上、会社経営や意思決定できるポジションの経験がなくとも、人に対してアドバイスをしなければならない状況に、疑問を覚えるようになり…。だったら自分で意思決定をしながら会社を作り上げる経験をしてみたいと、その後スタートアップに転職しました。

ー スタートアップを経験後、WeWorkに転職されたんですね。WeWork入社の決め手は何だったのでしょうか?

そうですね、まずは、コミュニティに面白みを感じたということ。大学の時、経済学部でゲーム理論や行動経済学といったものを学んだのですが、理論で導き出される答えと実際の経済では、結構な乖離があります。その乖離がある中で、マーケットの効用の総和を最大化するのか、効用の最少値を最大化するのかなど、目的に合わせてどうルール設定してあげると最適に近い経済が生まれるか、という研究をしていました。WeWork には、自分たちの市場であるリアルなコミュニティがあるので、その学んだことを実践できるのではないかと思いました。

また、これは入社してから気づいたことですが、WeWork の場合はCommunity of Communities的な要素があり、目的が異なる複数の小さなコミュニティが WeWork コミュニティの中に存在するように感じます。これは、一般的な単一目的もしくは複数の関連した目的を共有するコミュニティを運営するよりも難易度が高いのですが、より実経済に近く、やりがいのある唯一無二の環境だと思います。

2つ目は、ハイグロースを経験できるチャンスだと思ったからです。大企業2社に勤めた後、スタートアップでは何十億の調達やビジネスを拡大する経験もしましたが、WeWork には、より規模の大きい成長が期待できましたし、それを経験できるというのは貴重な機会だと思いましたね。

3つ目は、自分がやりたい職種だったということ。会社の売上とユーザー数を大きくしていくためにどんな施策を打つべきか、データを分析し、企画立案・実行、そしてレビューをして繰り返す、といったグロースマネージメントをグローバルなスケールで遂行できる点に魅力を感じました。

wework career_takuya_03

現場を忘れないこと。入居メンバーさんが生き生きと働く姿が最大のやりがい

ー WeWorkの仕事において、卓哉さんが最もやりがいを感じる瞬間や嬉しい瞬間はどんな時ですか?

これは WeWork ならではですが、やっぱり拠点で入居メンバーさんが楽しそうに仕事しているのを見ると嬉しくなります! 日頃から拠点に立ち寄ったり、イベントに参加したりと交流も多いので、彼らが生き生きと仕事をしている姿は、大きなモチベーションになります。あとはもちろん、チームのミッションが「売上・ユーザー数の最大化」なので、目標の数字を達成できると嬉しいですね。

wework career_takuya_04

ー ミッションを達成するために、日頃から意識していることはありますか?

なるべく現場を忘れないようにしています。企画や戦略をやっていると、どうしても意識が現場から離れていきがちです。でも、現場感がないと戦略も実行に移しにくくなってしまうと思うので、そうならないよう常に現場を意識するようにしています。

あとは、他の会社がどうやってビジネスをグロースさせているかを知るために、関連書を読んだり、ネットで調べたりして、ハイレベルな情報をタイムリーにキャッチできるよう努めています。

ー 仕事に対するモチベーションや意識はどうやって高めているのでしょうか?

私は結構未来志向なところがあって、短期的なことよりも、常に中長期的なビジョンを掲げています。今やっていることが成功したらどうなるのか、先を見据えることで、自分自身を奮い立たせています。

“We over me”の精神で、チーム一丸となってビジネスをグロースさせていく!

ー 仕事において、これだけは譲れない!というこだわりやポリシーはありますか?

はい、2つあります。1つは、意思決定する時に「格好良さ」と「ワクワク感」を意識すること。選択肢がいくつかある場合、どれが正解かなんて分からないじゃないですか。だけど、格好良いか、ワクワクするかどうかは自分の判断軸で決められるので、その感覚を大事にしています。

もうひとつは、自分はチャレンジャーであり、チャンピオンでもある、というマインドです。高校時代、バスケットボール部のコーチにいつも「試合に勝つか負けるかは分からない。でも、チャレンジ精神は絶対に忘れるな。やる事成す事はなるべくパーフェクトに。そして、振る舞いは常にWinnerであれ」と言われ続けていました。今でも、大切に胸に刻んでいる言葉です。

wework career_takuya_05

ー 今後チームに加わる人に求めることや、期待することは何でしょう?

まずは、「We over me」の精神。自分基準ではなく、チームや会社全体、そして一番重要なユーザーに目を向けられるかどうかで、大きな違いを生みます。あとは、プロジェクトではなくプロダクトを作れること。一定期間の実行で終わってしまうプロジェクトではなく、ちゃんと価値として残るプロダクトを生み出せるかが重要だと思っています。最後に、アウトプット重視であること。我々の仕事はプロセス化されておらず、「さあ、どうしよう?」という問いから始まることが多いんです。だから、インプットだけに時間を割くのではなく、アウトプットをどうするかを仮説思考で考え、精査し、効果がありそうなものに集中して取り組む姿勢を期待します。

ー 最後に、卓哉さんの今後の目標や実現したいことを教えてください。

個人的には、WeWork をもっとテック企業にしたいです。デジタル領域を強化して、コミュニティのスペースとしての強みと掛け算できれば、他社との差別化にもなり、ビジネスをさらにスケールできると感じています。そういったビジネスモデルの構築を目指し、これからも邁進していきます!



セールス職への応募はこちら

Recommended

もっと見る