wework flexible office
2020.05.15

フレキシブルオフィスに対する”思い込み”トップ4

ナレッジ会社規模働き方改善オフィス運用コスト削減

フレキシブルオフィスは、2030年までに米国のオフィス供給全体の13%を占めると言われています。しかし、それはスタートアップ企業や短期利用だけのものしょうか?”フレキシブルオフィスのリース” 対 “従来のオフィスリース”という観点で、実際に、不動産オーナーや専門家の中でも様々な見方があります。

フレキシブルオフィスは、大企業にとっても合理的なのか?
費用面でも企業に有益なのか?
実際、本当にフレキシブルなのか?
経済不況になったらどうなのか?

この記事では、フレキシブルオフィスに関してよく耳にする思い込みについてまとめました

思い込み1 : フレキシブルオフィスは大企業向けではなく、スタートアップ企業や個人で仕事をしている人にしか向いていない

wework building
Freepik

WeWorkはもともと2010年にフリーランスやスタートアップ企業に支持されてきましたが、WeWorkメンバーは初期の頃からかなり多様化し、メンバーの企業規模も大きくなってきています。

なぜこのような結果になったのでしょうか?
それは、新規製品やサービスの立ち上げ、そして人員の拡張計画を行う大企業も、フレキシブルなスペースの長所を活用することができるからです。

大企業が多くの人を短期間で採用する場合、フレキシブルオフィスであれば、すぐに新入社員のオフィスを用意することができます。ビジネスが急成長し、世界中に拠点を構えたいとなった場合も、世界中に800以上の拠点を持つ WeWork の特徴を利用して簡単に活動拠点を増やすことができます。
成長する企業は、その規模に関わらず、将来に対する不確実性や変動性が伴います。
フレキシブルなオフィススペースは、大企業でも中小企業でも流動的な解決策を提供し、長期的なリース債務のリスクを軽減することが期待されます

思い込み2:毎月の費用は予測できない

wework money cost
Freepik

フレキシブルオフィスは、その柔軟性により、企業が予測不可能な将来に備えて、より良い計画を立てることを可能にします。企業は、直近のビジネスにおいて不要な条件に縛られることが無くなるのです

WeWork は、フレキシブルオフィスを提供し、メンバー企業の成長速度に合わせて、柔軟にオフィススペースを提供しています。例えば、ある企業がシアトルで大規模のオフィススペースを1年間借りて、その後すぐにストックホルムに進出する予定がある場合にも、WeWorkは、契約の段階で、一年後の計画も含めたた柔軟かつ具体的な提案が可能です。
また、やむを得ず、想定外の人員の変更があった場合も、 会社が余分なスペースに費用をかけることがないよう契約の見直しが可能です。
WeWork は、不動産所有者やブローカー、企業の代表と直接協力をすることで、関係者全員にとって価値のある柔軟な提案をしています。

思い込み3:柔軟なリース期間は短期的なオプションでしかない

wework flexible membership
Freepik

多くの企業が WeWork を選択している理由の1つには、柔軟性の高い短期契約期間があると言えます。しかし同時に、WeWork のメンバーシップ契約の期間は、長期のものも少なくありません。
これは WeWork に限ったことではありません。
実際、2019年のThe U.S. Flexible Office MarketについてのCBREリサーチによると、フレキシブルなオフィススペースを提供している都市では、従来のリースと比較しても、実際にフレキシブルリースもリース期間が長くなっていると述べています。

理由の1つは、従来のリースではコストと時間がかかるのに対し、短期のフレキシブルオフィスでは、今いる従業員のために、今必要なスペースにだけ無駄なく投資ができる点です
同時に、将来の従業員数や支出の必要性を考慮すると、フレキシブルオフィスはより流動的な選択肢となります。企業は雇用が急増した場合にはスペースを増やしたり、予算が限られた場合にはスペースを縮小することができます。

こうして、この2年間で、フレキシブルオフィスは、社会により深く浸透してきました。

思い込み4:企業は共有スペースやワークスペースをカスタマイズすることはできない

wework office customize

WeWork はカスタマイズ可能なプランを用意しています。
メンバーが必要としているのがビルの1フロアであろうと複数フロアであろうと、オープンなレイアウトであろうと、 WeWork はメンバーと一緒にそれぞれの要望に合ったスペースを作り上げます。
さらに言えば、WeWork は会社のブランディングに合わせてスペース作り上げることもサポートしています。そしてこれらのカスタマイズは入居前に可能なので、入居初日からそれぞれの社風に合わせた空間を提供することができます

Recommended

もっと見る

オフィスにかかるコストの削減

wework knowledge cta

WeWork は、月単位で1名〜数百名まで契約可能、オフィスに必要な機能が完備されています。初期費用や原状回復費用、運営費用を抑えながら、同時にビジネスの成長に合わせたオフィスの拡大・移転・分散に柔軟に対応できるため、オフィスにかかる総額費用を大幅に削減することができます。WeWork に入居し、オフィスにかかるコスト削減を実現しませんか?

資料ダウンロード見学ツアー申込お問合せ