WeWork 外観
2020.11.30

ニューノーマル時代到来で変化する就活(就職活動)。企業が取り組むべきこととは?

ナレッジ採用強化新卒採用

世界の常識を大きく変えることになった新型コロナウイルス。日本の企業も生き残りをかけ、働き方改革や新しいフィールドへの挑戦を余儀なくされています。しかし、変化が見られたのは企業だけではありません。就活生の中にも大きな変化が生じているというのです。企業は、この就活生の意識の変化に気付くことができなければ、優秀な人材を見過ごすことになりかねません。
 
本記事では、2020年4月に株式会社マイナビが実施したアンケート調査をもとに、ニューノーマル時代における就活生の企業選びのポイント、さらに企業が取り組むべきことについて紹介します。

ニューノーマル時代の就活(就職活動)

株式会社マイナビが就活生に対してオンラインで実施した「マイナビ 2021年卒学生就職モニター調査(2020年4月)」によると、「在宅勤務など新型コロナウイルス感染症から社員を守る施策を行っている」ことが、就職先選びを行う上でもっとも重要だと思うと回答した割合が全体の40.7%に達し、それほど重要だとは思わないと回答したのはわずか8.5%でした。

この質問項目は、2020年に新たに加えられたものであるため、昨年までとの比較はできません。しかし、就活生が企業を選ぶ際には、新型コロナウイルスに関する施策が適切であったかどうかをよく確認していると考えられます。これは、企業の一時的な対策の善し悪しだけでなく、予想外、想定外のことが発生した際の企業の対応力を見ているとも取ることができます。

日本の大手企業が早期退職者を募ることが一般的ともなりつつある今日、終身雇用の制度はすでに崩壊しつつあります。就活生たちは、企業が変化の激しい社会に適切に対応し、新しい価値を生み出していけるかどうかをチェックしているといえます。

Web会議 イメージ
Freepik

優秀な人材を採用するために必要な企業の取り込み

今後、テレワークが拡がるにつれて、地方移住などが進み、優れた人材の獲得はますます難しくなる可能性があります。

では、企業がより質の高い人材を採用するためには、どのような取り組みが必要になるのでしょうか。ニューノーマル時代に求められる企業の取り組みを紹介します。
 

① 社内におけるテレワーク促進

 
今後の企業の評価を決める鍵は、いかに効果的に、テレワークをはじめとする多様な働き方を取り入れることができるかです。新型コロナウイルスによる社会からの要請を受け、多くの企業がテレワークに移行しました。テレワークによって生じた問題や作業効率低下も報告されていますが、やはりテレワークが企業および従業員にもたらすメリットは大きいといえます。

今後、働き方の多様化はますます進むと考えられます。テレワーク推進という時代の要請に乗り遅れてしまえば、事業の開拓が困難になることに加え、就活生からの評価も下がっていきます。今のうちに、将来を見通したテレワークのシステム構築を図ることが大切です。

テレワークについて、詳しくは以下の記事もご一読ください。

記事:『テレワークとは?その制度や企業事例を一挙紹介』
 

② オンラインでの採用活動

 
2020年3、4月の時点において、一次面接をオンライン面接として実施し、最終面接はオンライン面接もしくは十分な対策を行った対面面接を実施した企業が、就活生から大きな評価を得ています。

地方に住む就活生にとって、面接の度に指定の場所に行くのは、時間的にも金銭的にも負担が大きい方法です。もちろん、人材を雇用するためには直接会って話したいという考えもありますが、新型コロナウイルスでオンライン面接が拡がり、多くの就活生がその利便性を評価していることからも、今後は、オンライン面接やオンラインでの採用活動を効果的に実施できる企業に注目が集まると予想されます。

採用に関するルールは、各企業で古くから根付いた方式が採用されることが多く、簡単には変更しがたいものです。しかし、将来のことを考えれば、今のうちにオンラインを活用した採用活動の仕組み作りを進めることが非常に重要です。

ニューノーマル時代における採用活動の新たな形について、詳しくは以下の記事もご一読ください。

記事:『ニューノーマルで採用活動はどう変わる?採用活動の新たな形とは』

Web会議 イメージ
Freepik

③ 内定者や新規従業員に対する適切なフォロー

 
人間関係に重きを置いている就活生が多いことからも、内定者や新規従業員へのフォローが適切な企業が注目を集めるようになります。昨今は、オンラインやSNSにより、企業の評価が簡単に調べられる時代です。人間関係は良好か、内定者や新規従業員に対する教育体制は適切かなどは、就活生が特に重視するポイントです。

今一度、社内における教育システムを確認し、従業員の成長につながる教育プログラムが組まれているか、快適に働けるための職場環境であるかをチェックしてください。

テレワーク環境下での新人教育の方法について、詳しくは以下の記事もご一読ください。

記事:『テレワークでの新人教育の方法とは?必要な準備と3つの成功ポイント』

まとめ

ニューノーマル時代における就活生の企業選びのポイント、さらに企業が取り組むべきことについて紹介しました。企業は働き方改革や新規事業の開発に加え、就活生対応にも追われるなど、さまざまな困難に直面していることは間違いありません。

しかし、企業の未来を握るのは「人材」です。人材の適切な雇用なくして、企業の成功は難しいともいえます。すぐにでも、ニューノーマル時代の採用に関するシステムづくりを進めていくことが重要です。

学生 イメージ
Freepik

フレキシブルオフィスで多様な働き方を実現

最近では、新しいオフィスのスタンダードとして、フレキシブルオフィスが注目されていますが、その理由のひとつに、快適なワークスペースと柔軟な契約形態が挙げられます。

WeWork(ウィーワーク)は、国内6都市*36拠点*でフレキシブルオフィスを運営しています。

開放的でスタイリッシュな共用エリアに加え、大小さまざまなタイプの会議室、ちょっとした電話やWeb会議への出席にも便利な電話ブースなど、快適かつ効率的に働ける環境が揃っています。さらに、高速インターネットやドリンクサービスなども、すべて完備。

月単位契約可能、1名〜数百名まで契約可能、お問い合わせから最短数日で入居可能、といった柔軟で迅速なオフィスソリューションをご提案しています。

これからのオフィスづくりや多様な働き方の実現に向けてご検討中の方は、是非 WeWork へお問い合わせください!

* 2020年11月時点


資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

 
参考:
https://dugf25wejf35p.cloudfront.net/wp-content/uploads/2020/05/21%E5%B9%B4%E5%8D%92%E7%AC%AC3%E5%9B%9E%EF%BC%884%E6%9C%88%EF%BC%89%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%AA%BF%E6%9F%BB05201118.pdf

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額39,000円(税抜)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ