WeWork 内観
2021.02.19

企業がボランティア活動する意義やメリットとは?

ナレッジ働き方改善

企業の役割として、経済活動だけでなく、社会貢献も重視される時代になりました。企業の価値や従業員の意識を高めるために、ボランティアに取り組む企業も少なくありません。

本記事では、企業がボランティア活動を行う意義やメリットをご紹介します。自社でどのような活動を行えるか考えてみましょう。

企業がボランティア活動に取り組む意義

企業がボランティア活動に取り組む意義は、従業員が会社以外でも活躍できる場を設けたり、積極的にボランティア活動していきたいと考えている従業員にその時間を与えたりすることで、企業のイメージアップにつながるところにあります。

仕事で成果を上げられず、会社に居場所がないと感じている従業員にとって、ボランティア活動はリフレッシュする良い機会となります。さらに最近では、ボランティア休暇を導入する企業が増えているほか、自治体から補助金が交付される例も見られるようになりました。

◆ 活躍の場を職場以外にも生み出す

企業がボランティア活動に取り組む意義のひとつに、従業員が会社以外の場で活躍する機会を生み出すという点が挙げられます。従業員の中には、社内で活躍するイメージがわかないと悩んでいる例も少なくありません。企業のブランディングを手がける「むすび株式会社」が2018年に公表した、新人社員の「企業理念・価値観」に対する意識調査によると、新人社員の4割が将来活躍するイメージを持てないと回答しています。

一方、ボランティアという場を活用し、従業員に活躍する機会を与えることができます。通常の業務と異なり、自身が抱える責任からくるプレッシャーも少なく、のびのびと活動に取り組むことができます。また、自分の行いが人の役に立っていると実感することで、生きがいや自信を得るきっかけにもなります。

◆ ボランティア活動の時間を作れる

企業がボランティアを重視することで、従業員も時間を作りやすくなります。もちろん、ボランティア活動は個々で取り組めるものですが、社会人として働き始めると忙しく、そのための時間を割くことが難しくなります。

いま、ボランティア活動を行うための「ボランティア休暇」という制度が再び注目を浴びています。東京都では、ボランティア休暇制度を整備するための補助金交付を開始するなど、企業がボランティア活動に力を入れやすくなっているのです。

ボランティア イメージ
Freepik

従業員にボランティアを促すメリットとは?

従業員にボランティア活動を促すことで、企業側としてもメリットを享受できます。例えば、企業代表として従業員がボランティアに参加することで、仕事や会社に対する責任感や愛社精神の向上が期待できます。さらに、ボランティア先で得た新しいスキルを活かし、業務に貢献するといったことも可能です。

メリット① エンゲージメントの向上につながる

従業員にボランティアを促すメリットとして、エンゲージメントの向上につながることが挙げられます。

従業員は、仕事が多忙でボランティアに参加したいとは思っていても、なかなか時間を確保できないという実情があります。そのため、企業が従業員のボランティア参加を快く後押ししてあげることで「ボランティア休暇をとりたいと伝えたら快く受け入れてくれた」「うちの会社は社会活動に力を入れている良い会社」といった肯定的なイメージを持ってもらいやすくなります。

自社に対して良いイメージを持つことで、会社への帰属意識や企業理念への共感が高まり、エンゲージメントの向上を図ることができます。

メリット② 業務に役立つスキルを身につけられる

従業員がボランティアに参加し、業務に役立つスキルを獲得できる点もメリットのひとつです。例えば、外国人相手に観光ボランティアを行い、語学のスキルを実践的に身につけられます。

企業側としても、ボランティアでの実績を踏まえながら、スキルに応じて人材を活用しやすくなる点が魅力です。ボランティアだけで終わらせるのではなく、業務に役立つスキル獲得の場としても活用できます。

ボランティア イメージ
Freepik

まとめ

企業がボランティア活動を行う際には、意義をしっかりと持つことが大切です。適切なボランティア環境を用意することで、従業員が新たな価値を生み出せる機会を得られるほか、企業に対するエンゲージメントを高めるきっかけにもなります。

これからボランティア活動を始めてみたい企業は、社会に向けてどのように貢献できるかを検討してみてください。


資料ダウンロード現地 / Web内覧申込お問合せ

参考:
https://prnavi.jp/wp-content/uploads/2018/01/10de8eefbba4c81c559b7bf6617651ee.pdf
https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/hatarakikata/volunteer/joseikin/index.html

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額42,900円(税込)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロード現地 / Web内覧申込お問合せ