WeWork 屋外
2021.02.26

ワークライフインテグレーションとは?仕事と生活を統合させる新たな考え方

ナレッジ働き方改善

ワークライフバランスに取って代わる言葉として、「ワークライフインテグレーション」が注目されています。仕事とプライベートを切り離すワークライフバランスと違い、双方を統合することで人生をより充実させようという考え方です。

まだ認知度は少ないものの、一部の企業では育児や介護を目的とした事例も増えており、今後さらに広まっていく可能性があります。本記事では、ワークライフインテグレーションの概要や、従業員・企業にとってのメリットを紹介します。

ワークライフインテグレーションとは?

ワークライフインテグレーションとは、仕事とプライベートを統合する考え方です。慶應義塾大学教授の高橋 俊介氏や経済同友会によって提唱されたもので、個人におけるメンタルヘルスの維持や生活の質を高める効果があります。

また、仕事とプライベートに境界線を設けないため、従業員の生産性向上や企業の業績アップを狙うことも可能です。

ビジネスパーソン イメージ
Freepik

ワークライフバランスとの違い

仕事とプライベートのバランスを維持する言葉として、「ワークライフバランス」が使われてきました。こちらもまた、仕事とプライベートを調和させるという意味においては似ているものの、互いに交わらない要素であることから、常に両者がバランスをとっていられるよう調整する必要がありました。例えば、「仕事で活躍するために、プライベートの時間を削る」「子どもの面倒を見るために仕事を減らす」といった偏りが発生してしまいます。

一方、ワークライフインテグレーションは、仕事とプライベートを線引きせず、完全に一体化させながら人生の充実を図る方法です。仕事とプライベートが相乗的に作用し合ったものが人生であると捉え、例えば、家庭が充実すると、仕事のモチベーションが高まるとする考え方です。

バランス イメージ
Freepik

ワークライフインテグレーションのメリット

ワークライフインテグレーションに取り組むことで、個人だけでなく企業にもメリットがもたらされます。プライベートと仕事の垣根がなくなるため、双方を両立させながら生活を送れるほか、工夫次第で自己啓発やスキルを獲得できるといった点が、個人に対するメリットです。

一方、ワークライフインテグレーションを取り入れる企業では、柔軟性のある働き方が可能となることから、ダイバーシティの実現を期待できます。従来重視されてきたワークライフバランスと異なり、ワークライフインテグレーションではどのようなメリットを得られるのか具体的に考えていきましょう。

メリット① 仕事とプライベートの両立が可能

仕事とプライベートを統合するワークライフインテグレーションでは、どちらか一方にバランスが偏らないため、双方の両立が可能です。とはいえ、ワークライフインテグレーションを実現するには、在宅勤務やフレキシブルオフィスなどでのテレワークを導入し、従業員に対して柔軟性のある働き方を提供する必要があります。

時間や場所にとらわれずに仕事を行える環境は、ワークライフインテグレーションを達成するのに重要な要素です。柔軟性のある働き方が実現することで、家庭や趣味への時間も増加し、結果として仕事とプライベートを両立することができると考えられます。

メリット② 従業員のスキルアップや自己成長

ワークライフインテグレーションの実施によって、従業員のスキルアップにつなげられます。ワークライフバランスと異なり、ワークライフインテグレーションの考え方では、仕事とプライベートの垣根がなくなり、双方で経験したことをそのまま活用できると考えられているためです。

また、積極的に仕事にも取り組めるようになることから、自己成長も期待できます。業務上で学んだことだけでなく、生活の中でも仕事に役立つアイデアを取り入れられるようになるため、雇用する企業にとっても大きなメリットとなります。

メリット③ ダイバーシティの環境を実現できる

ワークライフインテグレーションのメリットは、社内でダイバーシティの環境を実現できることです。ワークライフインテグレーションを実施する企業では、テレワークだけでなく、時短勤務や隔日勤務といった幅広い業務形態を柔軟に取り入れています。

個人に適した働き方が可能になることで、育児や介護で仕事を離れていた従業員も継続して業務に携われるようになります。企業にとっては、必要な人材に自社に在籍してもらうためのポイントにもなり、双方にとってメリットがある考え方です。

ビジネスパーソン イメージ
Freepik

まとめ

ワークライフインテグレーションとは、ワークライフバランスと異なり、仕事とプライベートを統合し、個人の生活を充実させる取り組みです。多様な働き方が可能になることから、ダイバーシティの実現や、従業員のスキルアップなど、企業にとってもメリットがあります。

ワークライフインテグレーションを人事形態に取り入れている企業も多く、実際に従業員の働き方の改善に成功している事例も多数あります。ワークライフバランスとの違いを改めて確認し、従業員にとって働きやすい環境づくりを目指しましょう。


お役立ち資料一覧現地 / Web内覧申込

参考:
https://www.olympus.co.jp/recruit/newgraduates/work-life-integration/
https://www.msd.co.jp/responsibility/employee/system/work-life-integration/index.xhtml

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額42,900円(税込)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロード現地 / Web内覧申込お問合せ