WeWork 内観
2021.03.29

シェアオフィスとは?メリットと利用者の特徴を紹介

ナレッジ働き方改善オフィス運用コスト削減コミュニティ形成企業交流

テレワークをはじめとした柔軟な働き方が定着している昨今、「シェアオフィス」を利用する企業・個人が増えています。そもそもシェアオフィスとは、他企業や個人とスペースを共有して仕事ができるオフィスのことを表す言葉ですが、仕事スペースをシェアすることで、企業や個人はどのようなメリットが得られるのでしょうか。
 
本記事では、シェアオフィスのメリットや、シェアオフィスの利用者について紹介します。
 
【目次】
・シェアオフィスとは?
・シェアオフィスのメリット
・シェアオフィスは誰が利用する?
・まとめ

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは、複数の企業・個人がフリーアドレス形式で使用できるオフィスのことです。仕事スペースをシェアすることで、ほかの利用者と情報交換ができたり、オフィス賃料などの固定費が抑えられたりなど、さまざまなメリットがあります。

フリーランスやスタートアップ企業はもちろん、昨今では大手企業の従業員にもシェアオフィスの利用が広まっています。

コワーキングスペースとの違い

シェアオフィスと混同されがちな施設のひとつに、コワーキングスペースがあります。シェアオフィスとコワーキングスペースはどちらも複数の企業・個人がスペースを共有して仕事をする施設であり、明確な線引きはありません。

ただし、あえてその違いを明確にするとすれば、シェアオフィスは「仕事・作業をする場所」という意味合いが強いのに対して、コワーキングスペースは利用者同士によるコミュニティの形成に重きが置かれていることが挙げられます。

そのため、多くのコワーキングスペースは、企業で働く「人」や「個人」の参加によるコミュニティの確立や、人と人とのつながりなどが重要視される傾向があります。しかし、中にはコワーキングスペースの特徴をもつシェアオフィスも存在するため、定義が曖昧なことも珍しくありません。

WeWork 内観

シェアオフィスのメリット

シェアオフィスの利用には、企業や従業員にとってさまざまなメリットが存在します。ここでは、シェアオフィスの主なメリットを4つ紹介します。
 

メリット① ほかの利用者と情報交換ができる

 
シェアオフィスを利用することで、ほかの利用者と交流の機会が生まれ、情報交換が可能になります。特にフリーランスやスタートアップの場合、普段なかなか外部とのつながりを築くことができないため、ほかの利用者と雑談したり、情報交換したりできるのはかなりのメリットでしょう。

また、大企業の場合でも、普段あまり接点のない業種の人と会話をすることで、新たな発想が生まれることがあるでしょう。
 

メリット② 固定費が削減できる

 
シェアオフィスを利用すると、オフィス賃料や水道・光熱費、通信費などといった固定費を削減できます。一般的にシェアオフィスの利用料には、賃料やランニング費用がすべて含まれているため、これらの費用の負担を軽くすることができる場合が多いです。
 

メリット③ 共有設備が利用できる

 
多くのシェアオフィスには、会議室や休憩スペースなどが設置されています。中には、ショーケースやイベントスペースを有しているシェアオフィスもあります。そのため、シェアオフィスを利用すれば、通常業務はもちろん、ミーティングやイベントなどといった業務も行うことが可能です。
 

メリット④ 立地が良い場所で働ける

 
立地の良いシェアオフィスを拠点とすることには、クライアントが来社する手間を省いたり、従業員の通勤時間を短縮したりなどといったメリットがあります。

シェアオフィスの多くは、企業・個人が手軽にアクセスできるよう、立地の良い場所に位置しています。当然ながら、駅から近い好立地のオフィスは、自社で借りるとなれば賃料がかさんでしまいます。しかし、シェアオフィスであれば、比較的リーズナブルな料金で立地の良いところにオフィスをもつことができます。

WeWork 内観

シェアオフィスは誰が利用する?

ここまでで、シェアオフィスのメリットについて詳しくお伝えしました。次に、これらを踏まえ、どのような企業・個人がシェアオフィスを利用しているのかを見ていきましょう。
 

◆ 大手企業

 
シェアオフィスと聞くと、フリーランスをはじめとするノマドワーカーが利用しているというイメージが強いかもしれません。しかし実際には、大手企業の従業員もシェアオフィスを利用しています。

オフィススペースの削減や固定費削減、業務効率化などを可能にするシェアオフィスは、自社オフィスとしてはもちろん、サテライトオフィスとしても活用できます。そのため、すでに自社オフィスを構えている大手企業にも大きなメリットがあります。
 

◆ スタートアップ

 
「起業したてでオフィスにかかる費用を抑えたい」「外部とのつながりをビジネスの成長に生かしたい」などといった理由から、多くのスタートアップ企業がシェアオフィスを利用しています。

従業員数が少なく、今後のビジネスの成長具合に合わせてオフィスを展開していきたいスタートアップ企業にとって、シェアオフィスはまさに理想的なオフィスといえるでしょう。
 

◆ フリーランス

 
シェアオフィスは、企業に属さないフリーランスからも高い人気を得ています。中でもWebデザイナーやWebライターなど、パソコン1台で仕事ができるノマドワーカーにとって、シェアオフィスは最適な仕事スペースといえます。

WeWork 内観

まとめ

今回は、シェアオフィスのメリットや、メリットを最大限に享受できる利用者について紹介しました。複数の企業・個人がスペースを共有して仕事ができるシェアオフィスは、オフィス費用を抑えたい企業や、外部とのつながりを築きたい企業・個人の利用に最適です。自社に合ったシェアオフィスを利用して、さらなるビジネスの成長を図りましょう。

フレキシブルオフィスならWeWork

昨今、働き方の多様化を実現し、イノベーションを生み出すオフィスとして、フレキシブルオフィスが注目されています。フレキシブルオフィスとは、一般的な賃貸借契約とは違い、独自の利用規約に基づいて提供される、柔軟な契約スタイルを持つワークプレイスの総称です。

WeWork(ウィーワーク)は、国内7都市37拠点*でフレキシブルオフィスを運営しています。

開放的でスタイリッシュな共用エリアに加え、大小さまざまなタイプの会議室、電話やWeb会議への出席に便利な電話ブースなど、快適なオフィス環境が揃っています。

WeWork では、月単位契約可能、1名〜数百名まで契約可能、お問い合わせから最短数日で入居可能といった柔軟で迅速なオフィスソリューションをご提案しています。

また、多様なメンバーが集まる WeWork では、リアル、オンラインにまたがって、さまざまなコミュニティ活性化の仕掛けや仕組みがあり、新しいアイデアづくり、他企業とのコラボレーション、イノベーションの促進にも最適な場所であるといえるでしょう。

新時代のオフィスづくりについては、ぜひ WeWork にお問い合わせください!

* 2021年3月時点


資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

 
参考:
https://mf.workstyling.jp/flex/facility/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=aw000_05&gclid=CjwKCAiAp4KCBhB6EiwAxRxbpCKCm_IbpOMfmPBqNi2WxbPZRRcw-lE2N02WJzOO73_aHXYeHR5C-RoC8dEQAvD_BwE

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額42,900円(税込)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ