WeWork 内観
公開日:2021.03.31 | 更新日:2021.04.01

テレワークでのマネジメントにおけるモチベーション管理の重要性

ナレッジ働き方改善

テレワークにより通勤時間削減や生産性向上を達成し、コロナ禍による一時的な対策としてだけでなく、長期的な視点のもとでテレワーク導入を考えている企業も多いと思います。しかしながら、テレワークによって生じる大きな問題の1つに、従業員のモチベーション低下が挙げられます。オンラインでは部下やチームをうまくマネジメントできず、部下のやる気が減少していると感じている方も多いと思います。
 
本記事では、テレワークでのマネジメントにおけるモチベーション管理の重要性について紹介します。
 
【目次】
・モチベーションとは?
・モチベーション管理の重要性
・モチベーション管理システムとは?
・まとめ

モチベーションとは?

モチベーション管理について考える前に、そもそもモチベーションとは何かについて考えてみたいと思います。

モチベーションは「動機」ともいわれ、「人が行動を起こす要因」を意味します。

動機が生まれる過程には、自身が心からやりたいと思うことで生まれる内発的動機付けと、他人からの指示や報酬などによって生まれる外発的動機付けの2種類がありますが、人が何か行動を起こす際には、かならず何らかのモチベーションが働いています。

仕事とは、何らかの行動を起こすことで対価を得ることです。つまり、行動を起こすための適切なモチベーションがなければ、よい仕事を行うことはできません。そのため、従業員のモチベーションは、企業の生産性に大きく影響を与えます。

モチベーション管理の重要性

モチベーションが仕事をする上で重要なことは上記で紹介した通りです。しかし、テレワークが急速に広がる今日、従業員間のコミュニケーションが希薄になっており、仕事へのモチベーションの低下が懸念されています。

「株式会社empheal」が在宅勤務率80%以上の従業員に対して実施した調査(2020年5月)では、「業務に対する集中力・モチベーション」が増えたと回答したのは16%だったのに対し、減ったと回答したのは約2.1倍となる34%でした。中でもモチベーションの低下は、20代、30代に顕著に表れています。

モチベーション管理を従業員の個人努力に任せていると、モチベーション低下による生産性の減少に加え、若手人材の流出が起こる可能性があります。そのため、企業主体で行うモチベーション管理の重要性が高まっています。

モチベーション イメージ
Freepik

モチベーション管理システムとは?

このような状況の中で注目されているのが、モチベーション管理システムです。モチベーション管理システムとは、従業員のモチベーションに関する問題を適切に把握し、それらの問題を解決することで、生産性の向上や離職防止を図るシステムです。

モチベーションには心理的な要因が大きく関係しているため、専門家であればともかく、上司や同僚が正しく把握することは困難です。しかし、モチベーション管理システムを用いることで、従業員のモチベーションや心配ごとを客観的に評価することができるとともに、行うべき対策についても明確になります。

モチベーション管理システムには、一例として、以下のような機能が含まれている場合が多いです。
 

・アンケート機能

 
アンケートの質問設定や、定期的なアンケート配信を行うことができます。また、アンケート結果の集計や、個人ごとのアンケート結果の保管なども可能です。

アンケートを定期的に実施することで、従業員のモチベーションの変化や不安要素を早期に発見し、適切な対応が可能になります。
 

・ストレスチェック機能

 
複数の設問でストレス度合いを客観的に把握するものや、その日の気分を選択肢から選ぶだけの簡単なものまで、さまざまなストレスチェック機能が含まれています。従業員自らが自分の状態や変化に気づくことができるとともに、管理職が従業員の状態を把握するために役立ちます。
 

・コミュニケーション機能

 
従業員や管理職と気軽にチャットできるコミュニケーション機能がついているものもあります。また、心理的な悩みについて管理職に相談するのは勇気がいりますが、モチベーション管理システムを用いて、チャット形式で相談するのであれば、比較的簡単に行えるという利点もあります。
 

・分析機能

 
モチベーション管理システム上で得られた情報をもとに、従業員の心理状態やモチベーションを分析する機能です。時系列でグラフ化したり、従業員全体の様子を円グラフで示したりするなど、見やすい資料を簡単に作ることもできます。

分析 イメージ
Freepik

まとめ

本記事では、テレワーク環境下における従業員のモチベーション管理の重要性と、モチベーション管理システムについて紹介しました。一概にモチベーション管理システムといっても、利用できる内容はシステムごとに違いがあります。ぜひ、自社に適したモチベーション管理システムをリサーチしてみてください。そして、そのようなシステムを活用しながら、従業員のマネジメントをしていきましょう。

仕事へのモチベーションを高めるフレキシブルオフィス

テレワークが広がりを見せる中、注目されているのがフレキシブルオフィスです。フレキシブルオフィスとは、一般的な賃貸借契約とは違い、独自の利用規約に基づいて提供される、柔軟な契約スタイルを持つワークプレイスの総称です。

フレキシブルオフィスは本社としてはもちろんのこと、本社オフィスでも自宅でもない第3の場所(サテライトオフィス)としてもご活用いただけます。

WeWork(ウィーワーク)は、国内7都市37拠点*でフレキシブルオフィスを運営しています。

開放的でスタイリッシュな共用エリアに加え、大小さまざまなタイプの会議室、ちょっとした電話やWeb会議への出席にも便利な電話ブースなど、テレワークに必要な環境が揃っています。さらに、高速インターネットやドリンクサービスなども、すべて完備。オープンでスタイリッシュなワークスペースが仕事へのモチベーションを高め、社内コミュニケーションを活性化してくれるでしょう。

WeWork では、月単位契約可能、1名〜数百名まで契約可能、お問い合わせから最短数日で入居可能、といった柔軟で迅速なオフィスソリューションをご提案しています。

テレワーク環境下におけるこれからのオフィス運用についてご検討中の方は、是非 WeWork へお問い合わせください!

* 2021年3月時点


お役立ち資料一覧現地 / Web内覧申込

 
参考:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000057624.html
https://www.kaonavi.jp/
https://hcm-jinjer.com/workvital/
https://well.b-boulder.com/
https://smilescore.co.jp/

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額42,900円(税込)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロード現地 / Web内覧申込お問合せ