wework knowledge main
2020.06.26

サテライトオフィスを開設するなら知っておきたい!サテライトオフィスの5つのメリット

ナレッジオフィス分散採用強化働き方改善オフィス運用コスト削減

テレワークが広がりつつある現在、サテライトオフィスの開設が時流となっていますが、サテライトオフィスを開設するかどうか、判断に迷うケースも多いのではないでしょうか。実際に、サテライトオフィスを開設すると、さまざまなメリットが得られます。その内容についてご紹介します。

企業がサテライトオフィスを開設する理由は?

より働きやすい環境作りを目的として、現在ではテレワークによる働き方が広がっています。テレワークを利用した働き方について大きく分けると、自宅で業務を行う「在宅勤務」、場所を問わずに業務を行う「モバイルワーク」、本社以外のオフィスで業務を行う「サテライトオフィス」があります。

企業がサテライトオフィスを開設する理由は、拠点を複数箇所に分散させることで、オフィスの費用削減を図る目的もありますが、第一には、企業で働く従業員が働きやすい環境を作ることが重要な目的といえます。サテライトオフィスを開設することによって得られる様々なメリットについて、具体的にみていきましょう。

wework knowledge 1
Freepik

サテライトオフィスの5つのメリット

① オフィスの費用削減が実現

 
サテライトオフィスを作るメリットは、さまざまな費用を削減できることです。削減できる費用の一つに「オフィスの賃料」があります。会社のオフィスは都心部にあることが一般的ですが、都心部ほど地価が高いために賃料も高くなってしまいます。

テレワークという時代の流れに乗り、サテライトオフィスを開設し、都心のオフィスを縮小することによって、賃料を抑えることが可能となります。その理由は、従業員が通勤しやすい郊外にサテライトオフィスを作ることで、都心部と比べると賃料を低く抑えられるためです。

また、賃料を極力抑えるためには、サテライトオフィスを地方に開設する方法もあります。郊外にサテライトオフィスを開設することでも賃料を抑えられますが、地方の地価はさらに安いため、賃料を大幅に抑えることが可能となります。そのほかに削減できる費用は、通勤費です。都心の周辺にサテライトオフィスを作れば、社員が都心まで通勤する必要がないため、通勤費を抑えられるメリットがあります。
 

② 地方活性化に貢献

 
先の項目で、地方にサテライトオフィスを開設することに触れましたが、それによって地方活性化が期待されます。

郊外に住居を構える従業員は多いため、サテライトオフィスの開設で、アクセスがしやすくなります。また、都市部で生活する人のうち、一定数は「地方で暮らしたい」と考えている人がいるため、サテライトオフィスでの業務をきっかけとして、地方移住の夢も実現します。地方に新しく人が引っ越してくることによって、これまでとは違った新たな価値観が取り入れられることになるため、地方にとっても良い刺激となり、活気づくことが期待されます。

wework knowledge 2

③ 働き方が多様に

 
また、サテライトオフィスは働き方に多様性をもたらします。従来の働き方、そして現在でも一般的な働き方は会社で仕事をすることです。実際、会社には仕事をするために必要な設備が揃っており、業務を行う場として最適であること、また、他の従業員と直接的にコミュニケーションを取ることができるため、業務に関する意思疎通が容易となります。

一方で、出社することのデメリットとしては、通勤です。特に、都内は電車内という限られたスペースの中には身動きできないほど多くの人たちが乗っており、出勤するだけでも苦痛に感じてしまいがちです。

その点、サテライトオフィスは会社とほぼ同様の設備が利用できるだけでなく、郊外に開設されるケースが多いことから、業務を行いやすいだけでなく、通勤の苦痛から解放されるメリットもあります。

また、育児や介護などのライフステージの変化によって、それまで通りの出勤スタイルで働き続けることが難しいと感じる従業員も少なくないかもしれません。そのような場合にも、居住近郊エリアに、仕事に集中できるサテライトオフィスがあることで、働きやすさは大きく変わってくるでしょう。

④ 通勤時間の削減

 
サテライトオフィスは、都心部に位置するオフィスの賃料を抑えるため、郊外に開設される事例がみられますが、それによって、従業員の通勤時間が削減されます。例えば、都市部に会社がある場合、従業員の中には1時間程度かけて出勤する人もいることでしょう。その点、自宅近郊エリアにサテライトオフィスが開設されれば、朝は余裕を持って仕事に出かけられるほか、仕事が終わったあとも短時間で自宅に帰ることができます。

プライベートの時間が充実するだけでなく、家事など、家での作業の時間にも充てられるため、毎日の生活に余裕が持てるようになります。満員電車に乗っている時間は苦痛ですが、サテライトオフィスを持つことで、電車に乗っている時間が短くなり、通勤時間が削減されることによって、メンタル面の改善も見込めることでしょう。

⑤ 優秀な人材の確保が可能に

 
さらに、サテライトオフィスを開設することによって、優秀な人材の確保が期待できるケースがあります。オフィスが都心部にある場合、都心部ほど人口が多いために優秀な人材を集めやすいというメリットがありますが、都心部で生活する人の数は全国の人口と比べるとほんの一部に過ぎません。サテライトオフィスを地方に開設することによって、地方で生活する優秀な人材が働きやすくなる環境を整えることができ、そうした人材を獲得しやすくなります。

また、都心で生活したいと考えていても、事情により地方で生活せざるを得ない人にとっては、サテライトオフィスが地方に進出することによって、都心に本社を置く企業の元で働くことが可能になります。さらに、オフィスのみの勤務に限られていた場合は、育児や介護などによって退職せざるを得ない状態になることもあります。

その点、都市の郊外にサテライトオフィスが開設されれば、育児や介護による離職も防ぎやすくなり、優秀な人材の流出を防げるメリットもあります。

wework knowledge 3
Freepik

補助金を活用してサテライトオフィスを設置

ここまで、サテライトオフィスを開設するメリットについてみてきましたが、サテライトオフィスを開設する場合にネックとなるのは、費用や工数がかかる点です。しかしながら、テレワークを活用した働き方は時代の流れであること、また、サテライトオフィスが地方に開設されることにより、地方としては活性化が見込めることから、自治体の中にはサテライトオフィスを開設するための補助金を出している場合があります

自治体が実施しているサテライトオフィスの補助金について一例をあげると、以下のものがあります。

富山県・富山市 サテライトオフィス等開設支援事業補助金
長野県・上田市 サテライトオフィス開設時業補助金
静岡県・伊東市 サテライトオフィス等支援事業補助金

また、東京都もサテライトオフィスを開設する場合に補助金を出しています。

東京都 サテライトオフィス設置等補助事業

費用をできる限り抑えながらサテライトオフィスを開設するなら、補助金制度を活用することも一つの方法です。

(*本情報は、2020年6月23日時点のものです。最新情報については、上記サイトを必ずご確認いただき、サイト内に記載された情報を正としてください。)

wework knowledge 4
Freepik

WeWorkなら、サテライトオフィスの開設、運用をワンストップで

サテライトオフィスを開設するメリットについてはご理解いただけましたでしょうか?メリットを知っておくことによって、サテライトオフィスの開設に対して前向きに取り組めるはずです。

WeWork(ウィーワーク)は、国内6都市(東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡)にて、約30拠点でフレキシブルオフィスを運営しています。

WeWork の最大の特徴の1つが、1名から最大数百名までご契約いただけることです。これにより、スタートアップから大企業まで、あらゆる企業のサテライトオフィスニーズに対応可能です。

また、最短月単位での契約が可能なため、ビジネスや組織の状況に合わせて、契約を柔軟に変更いただけます。

さらに、契約から入居を最短1ヶ月で実現できます。インターネット、ドリンク、会議室、セミナールーム、電話ブース等、テレワークを快適に行うために必要な設備も、全て完備しています。

選択したホーム拠点の専有プライベートオフィスに加え、国内最大6都市30拠点以上ある WeWork の共用エリアをご利用いただける、新プラン「We Passport」もご用意しています。We Passport について、詳しくはこちらをご確認ください。

WeWork では、あらゆるサテライトオフィスニーズに、最適なソリューションを提供しております。サテライトオフィス導入をご検討されている方は、ぜひ WeWork にお問い合わせください!



資料ダウンロード見学ツアー申込お問合せ

 
参考ソース:
https://www.itmedia.co.jp/news/special/bz160511/index.html
https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00382/
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO29300670S8A410C1EAC000/
https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/hatarakikata/telework/13_30jirei.pdf
https://www.city.toyama.toyama.jp/
https://www.city.ueda.nagano.jp/soshiki/shoko/5455.html
https://www.city.ito.shizuoka.jp/
https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

最新プランで、より柔軟で先進的な働き方を実現

wework knowledge cta

WeWork は、国内約30拠点でフレキシブルオフィスを運営しています。新プラン「We Passport」をご利用いただくと、ホーム拠点に自社オフィスを設けながら、その他の拠点をサテライトオフィスとしてご自由にご利用いただけます。柔軟なオフィス運用で、先進的な働き方を実現しませんか?

資料ダウンロード見学ツアー申込お問合せ