wework knowledge main
2020.07.16

働き方改革に新規事業創出も!企業にイノベーションをもたらすオフィスとは?

ナレッジオフィス分散働き方改善イノベーション創出企業交流

フレキシブルオフィスの「フレキシブル」とは、「柔軟性」や「融通が利く」という意味で使われます。その言葉の通り、フレキシブルオフィスは、一般的なオフィスと比べると、契約形態や利用方法において柔軟性が高いこともあり、従来の働き方にイノベーションをもたらす存在として注目されています。

フレキシブルオフィスとは?

フレキシブルオフィスとは、一般的な賃貸借契約とは違い、独自の利用規約に基づいて提供される、柔軟な契約スタイルを持つワークプレイスの総称です。

フレキシブルオフィス = 柔軟な契約スタイルのオフィス

特徴として、短期的な入居が可能な点や、契約から入居までにかかる期間が短い点が挙げられます。そのため、一般的なオフィスよりも、運用費用などの負担を最小限に抑えることができます。

通常、オフィスを契約する場合、オフィスは空室状態で契約するため、電気工事や内装工事のほか、デスクやいす、ロッカーなどのオフィス備品を購入・搬入する必要があり、契約してからオフィスでの業務を始めるまで、数か月程度の期間を必要とするケースも少なくありません。

その点、フレキシブルオフィスの場合は、入居前の工事を必要としない上に、業務に必要な備品がすでに完備されていることが多いことから、契約から入居までの期間を短期間に抑えられます。

wework knowledge 1

また、通常のオフィスであれば、退去する際に備品を搬出したり、原状回復のためのクリーニングを行ったりしなければなりません。

フレキシブルオフィスなら、原状回復の作業も最小限に抑えられます。そのため、入居までの準備期間を短縮できるだけでなく、退去時の手間や工数も省くことができます。

フレキシブルオフィスの種類

続いて、フレキシブルオフィスの種類をみてみましょう。下記に紹介するオフィスは、一般的にフレキシブルオフィスの分類に含まれます。

◆ サテライトオフィス

 
サテライトオフィスとは、本社から離れている場所に設置されているオフィスのことを指します。

サテライトオフィスを設置する目的は、オフィスの経費削減や、従業員の通勤時間の短縮など、さまざまですが、総じて、より働きやすい環境づくりを目指しています。

◆ コワーキングスペース

 
コワーキングスペースとは、会社以外の場所で業務を行う「リモートワーカー」が利用できる施設のことです。

コワーキングスペースには、会社員やフリーランスを問わず、不特定多数の人々が利用していることが多いです。そして、業務のスペース以外に、共用エリアが充実していることもあり、休憩中にほかの利用者と会話をしたり、交流を深められたりする点が特徴といえます。

wework knowledge 2

◆ シェアオフィス

 
シェアオフィスは、リモートワーカーが利用する点では、コワーキングスペースと同じといえますが、一般的にコワーキングスペースはフリーランスの利用が多く、交流を深めることを重視しているのに対し、シェアオフィスは交流を深めるよりも、業務を行うことをメインとしている点に違いがみられます。

◆ レンタルオフィス

 
レンタルオフィスとは、業務をするために少人数で利用できるオフィスのことで、1人、または数人程度で利用できる個室が設けられています。

レンタルオフィスでは、コピー機や会議室は、ほかの利用者と共有します。また、メールボックスが設置されている場合は、レンタルオフィスで郵便物を受け取ることも可能です。

◆ サービスオフィス

 
サービスオフィスでは、業務を行うためのスペースを借りることができます。その点ではレンタルオフィスと同じですが、サービスオフィスならではの特長は、一般的に、その名の通り、さらに質の高いサービスを受けられることです。

サービスオフィスでは、受付スタッフが来客者に対応したり、来客者に対するお茶出しのサービスを行ったりと、来客者に対するもてなしを大切にしていることが多いようです。また、サービスオフィスの室内は全体的に高級感があり、落ち着いた雰囲気の中で業務が行えます。



資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ
wework knowledge 3

フレキシブルオフィスでイノベーションを加速!?

フレキシブルオフィスを利用して業務を行うことにより、フレキシブルな働き方が可能になり、働き方改革が推進されます。また、異業種の人と接する機会が増えることにより、新規事業創出の可能性にも期待できます。

ポイント① フレキシブルな働き方が可能に

 
フレキシブルオフィスを設置する大きなメリットとして、柔軟な働き方が実現できる点が挙げられます。

柔軟な働き方とは、働く時間や働く場所を、従業員が自由に決められる働き方を指します。フレキシブルオフィスを活用することで、働く場所の選択肢が増え、通勤に長時間を割く必要がなくなったり、家庭や子育てとの両立がしやすくなったりと、従業員に多くのメリットが生まれるでしょう。同時に、多様な働き方が認められれば、子育てや介護をしている人など、フルタイムで働くことが難しい人であっても、働きやすくなるでしょう。

従業員にとってメリットがあるだけでなく、会社の立場としても、優秀な人材を確保できるようになり、双方にとってメリットがあるといえます。

実際に、フレキシブルオフィスを活用して、従業員の働き方を改善した企業の例を、ぜひご一読ください。

wework knowledge 4

記事:『WeWork 入居1年を経て – WHITEが実現した顧客開拓と働き方改革』

ポイント② 異業種と連携しやすい

 
フレキシブルオフィスを設置することによって、異業種との交流の機会が多くなることが期待できます。

通常、多くの企業は、自社内の従業員同士でコミュニケーションを取りながら業務を行っていますが、フレキシブルオフィスの場合、他社の従業員やフリーランスで活動している人と接する機会が増えることで、新たなアイデアが生まれたり、協業のきっかけが生まれたりすることも多くあります。

実際に、フレキシブルオフィスを活用して、他社との協業プロジェクトを実現した企業の例を、ぜひご一読ください。

wework knowledge 5

記事:『大日本印刷が語る「WeWorkで創出するイノベーション」と「渋谷での新たな挑戦」』

フレキシブルオフィスを選ぶ際のポイント

企業にとって、フレキシブルオフィスの活用が、イノベーション創出の大きなきっかけになることを、お分かりいただけたでしょうか?

企業がサテライトオフィスを開設する際は、オフィスの利用者を自社の従業員に限定せず、フレキシブルオフィスを活用することで、新たなイノベーションを起こせる可能性が高まるでしょう。

フレキシブルオフィスを利用する場合、従業員にとって需要が多いエリアを見極めることが大切です。

フレキシブルオフィスで働く大きなメリットは、時間や場所にとらわれない働き方を実現できる点です。また、仕事をしている人の多くは、できる限り満員電車を避けたいと考えています。それを踏まえると、フレキシブルオフィスは、従業員の居住近郊エリアで検討することをおすすめします。逆に、営業で都心部の企業を訪問する機会が多いなど、都心で業務を行う需要が見込める場合は、都心のフレキシブルオフィスを利用することも考えられます。

また、フレキシブルオフィスといっても、先述のように、さまざまな種類があります。どんな機能や設備があると望ましいか、また、提供されるサービスの内容や契約の柔軟性なども加味して、検討されることをおすすめします。

wework knowledge 6

フレキシブルオフィスならWeWork

WeWork(ウィーワーク)は、国内6都市(東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡)にて、約30拠点でフレキシブルオフィスを運営しています。

月単位契約可能1名〜数百名まで契約可能お問い合わせから最短数日で入居可能、といった柔軟で迅速なオフィスソリューションをご提案しています。

全世界で66万人以上のメンバーが入居し、業界・業種や企業の壁を越えたイノベーション・コラボレーションを通じ、新たなビジネスの機会を創出しています。

選択したホーム拠点の専有プライベートオフィスに加え、国内最大6都市30拠点以上ある WeWork の共用エリアをご利用いただける、新プラン「We Passport」も登場しました。We Passport について、詳しくはこちらをご確認ください。

フレキシブルオフィスをご検討中の方は、是非 WeWork へお問い合わせください!



資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

 
参考URL:
https://ro-japan.com/office/coworking

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

最新プランで、より柔軟で先進的な働き方を実現

wework knowledge cta

WeWork は、国内約30拠点でフレキシブルオフィスを運営しています。新プラン「We Passport」をご利用いただくと、ホーム拠点に自社オフィスを設けながら、そのほかの拠点をサテライトオフィスとしてご自由にご利用いただけます。柔軟なオフィス運用で、先進的な働き方を実現しませんか?

資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ