wework know how 1
2020.04.27

今、多様化する働き方&企業が検討すべき対策

ナレッジオフィス分散採用強化働き方改善オフィス運用コスト削減

ここ近年の「働き方改革」推進に加え、昨今の社会情勢の影響により、働き方は未だかつてなく多様化しています。多様な働き方が一般的になった現代において、従業員が生産的かつ快適に働ける環境を整えることは、企業が担う大きな役割のひとつになっていきます。今回は、従業員一人ひとりが、自分らしく働ける環境を実現するために、企業が知っておきたいポイントをご紹介します。

企業にメリットをもたらす、従業員の柔軟な働き方

昨今では、テクノロジーやサービスの進化により、より自由で柔軟な働き方ができる時代となりました。それに伴い、それぞれのビジネスパーソンも、彼ら一人ひとりが、生産性とモチベーションを高めながら、自分らしく働ける環境を求めています。このような状況において、優秀な人材の確保や採用強化といった面で見ても、多様な働き方を支援できる環境整備が、企業にとって最重要事項であると言えるでしょう。そのような状況を踏まえ、今回は、今改めて企業が注目すべき3つの働き方についてご紹介します。

① 在宅勤務
在宅勤務とは、従業員がそれぞれの自宅から仕事をすることを指します。例えば、出産や育児、介護など、ライフステージに変化が訪れた時、それまでの仕事を続けることは簡単でしょうか? 場合によっては、それまでの仕事と生活スタイルの維持が難しくなることもあるでしょう。一方で、仕事も変わらずに続けたいと願う人が多いのも事実です。

また、体調不良の場合はどうでしょうか。業務には支障をきたさない程度の体調不良でも、通勤・出社が負担になることがあります。しかしながら、出社しなければ仕事ができない場合、無理に出社をすることで、体調の悪化や、チームに影響が出る恐れもあります。

そのような場合の備えとして、在宅勤務という選択肢を用意しておくことは、企業にとって非常に重要です。在宅勤務は、毎日決まった時間帯に、都心のオフィスへ出社しなければ仕事ができない状況に比べ、より従業員の自由度が増し、彼らの意思を尊重した働き方の選択肢であると言えます。

② リモートワーク
今後、最も注目されていく働き方のひとつが、リモートワークです。リモートワークとは、従業員はオフィス以外の、サテライトオフィスやカフェなど、離れた場所から仕事をすることを指します。営業先や出張先の街でも、サテライトオフィス等、リモートワークができる環境が整っていれば、従業員は移動やスペースの確保に煩わしさを感じることなく、快適に仕事ができるでしょう。

また、自宅から比較的近くにサテライトオフィスがあれば、長時間の通勤に時間を奪われることもありません。自宅で仕事をする環境が十分に整っていない、あるいは不便に感じるといった従業員も、サテライトオフィスを大いに活用することができるでしょう。このように、働く場所の選択肢を広げ、従業員の利便性を高め、生産性を向上させるリモートワークは、今後より一般的な働き方になることが予想されます。

③ 時短勤務
時短勤務では、一定の規則のもと、通常の勤務時間よりも短い時間内で働くことができます。これは先程も述べたような、出産や育児、介護など、人々のライフステージの変化において、いかに仕事と生活を上手く両立するか、という課題に向き合う勤務形態と言えます。生活スタイルが変わっても仕事を続けたいと願う多くの人にとって、勤務時間の拘束が減ることで、より柔軟にワークライフバランスを取ることが可能になるでしょう。

そして、時短勤務の従業員にとっても、上記で紹介したようなサテライトオフィスを活用できる状況を整えておくことは、通勤や移動の利便性を向上させ、負担を大きく減らす可能性があるという意味において、非常に重要な役割を果たします。

wework know how 2

多様な働き方を実現するITツールとサテライトオフィス

従業員が多様な働き方を実現する上で、人事面での運用はもちろんですが、ハード面においても各企業が準備しておくことがいくつかあります。

まずは、オフィスに出社せずとも、従業員がこれまで通り不自由なく仕事ができるよう、社内コミュニケーションツールやビデオ会議システムなどの拡充を検討しましょう。場合によっては、デバイスや周辺機器の拡充が必要になるかもしれません。さらに、契約書や稟議書等の書類、それに伴うワークフローのデジタル化についても、リモートワークを実現する上でボトルネックとなりやすいポイントです。社内制度・ルールと併せて、再検討することが求められます。

また、自由度が高く柔軟に利用できる、サテライトオフィスの確保も非常に重要な要素になるでしょう。従業員が自宅以外で仕事に快適に取り組めるスペースを、企業が提供することは、前述されたように、多様な働き方の実現を加速させます。サテライトオフィスを検討する際には、インターネット環境やプリンターなどのオフィス周辺機器、電話会議ができるスペースなど、従業員がオフィスに必要な機能を提供できるかを慎重に検討する必要もあります。

そして、何よりも重要なのは、企業が提供するツールやオフィスを、在宅勤務やリモートワークをする従業員のみならず、全ての従業員が理解し効果的に活用する準備をすることです。多様な働き方を実現するにあたって、これらを全ての従業員が使いこなすことができていない状況では、コミュニケーションやワークフロー等において、様々な不便が生じる可能性があります。全従業員に対するトレーニングを整備しながらも、トレーニングだけでは十分でない従業員に対する手厚いフォロー体制が求められます。

WeWork は多様なオフィスソリューションから、御社に最適なオフィス運営をご提案

WeWork (ウィーワーク) は、国内約30拠点でフレキシブルオフィスを運営しており、サテライトオフィスとして効果的にご活用いただけます。月単位契約で、1名〜数百名まで契約可能、最短数日で契約から入居可能という新しいオフィスの価値提案を幅広い業界・規模の企業に提供しています。

選択したホーム拠点の専有プライベートオフィスに加え、国内最大6都市30拠点以上ある WeWork の共用エリアをご利用いただける、新プラン「We Passport」もご用意しています。We Passport について、詳しくはこちらをご確認ください。

多様な働き方を実現するためには、最適なオフィスの選定が非常に重要です。WeWork では、オフィスに必要な機能、例えば、Wi-Fi、プリンター、電話ブース、会議室、フリードリンク等が、オールインクルーシブで完備しているため、最短数日で契約でき、入居後すぐに快適に仕事を始めることができます。また、クリエイティブでオープンなワークスペースを提供しており、そこで働くビジネスパーソンのモチベーションやクリエイティビティを高め、生産性を向上させることもできます。さらに、幅広い領域のリアルおよびオンラインイベント、メンバー専用SNS、そしてリモートワークをサポートするビジネスツールの特典付オファーなども充実しており、新規ビジネスの創造やビジネスの成長に、大きく貢献します。

今こそ、従業員の多様な働き方を支援する、新たなオフィス運営を検討しませんか? 多様なオフィスソリューションから、御社のサテライトオフィスのニーズに最適なご提案をいたします。是非一度、WeWork へお問い合わせください!



資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

最新プランで、より柔軟で先進的な働き方を実現

wework knowledge cta

WeWork は、国内約30拠点でフレキシブルオフィスを運営しています。新プラン「We Passport」をご利用いただくと、ホーム拠点に自社オフィスを設けながら、その他の拠点をサテライトオフィスとしてご自由にご利用いただけます。柔軟なオフィス運用で、先進的な働き方を実現しませんか?

資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ