WeWork 内観
2020.10.20

週休3日制とは?メリット・デメリットや導入している企業の事例を紹介!

ナレッジ働き方改善

働き方改革が進むにつれ、テレワークや週休3日制など、より多様で柔軟な働き方を導入する企業が増えています。週休3日制には、メリット・デメリットがあるため、導入は容易ではありませんが、導入することにより、成果を出している企業は多く存在します。
 
本記事では、週休3日制のメリット・デメリットと、実際に週休3日制を導入している企業の事例をご紹介します。

週休3日制とは?

ほとんどの企業が、週休2日制または完全週休2日制を採用する中、週休3日制を取り入れる企業が増加していることをご存知でしょうか?

週休3日制とは、その名前の通り、休日をもう1日増やし、1週間あたりの休日を3日にする制度のことです。従来では、週5日の勤務でこなしていた仕事を、週4日で行うということになります。

変形労働時間制を取り入れ、1日あたりの勤務時間を10時間とし、週4日勤務とする企業もあれば、1日の労働時間は8時間のまま、週4日勤務とする企業もあります。また、週休4日制の導入により、給与が減額になることもあれば、そうでないこともあるため、給与水準に関しても、企業によって大きく異なるのが現状です。

仕事 イメージ
Freepik

週休3日制が注目されるようになった背景

2017年に厚生労働省によって行われた「就労条件総合調査」によると、週休2日制を導入している企業の割合は87.2%、週休3日制を導入している企業の割合はわずか6%ということが分かっています。

多くの企業は、今なお週休2日制をとっているものの、近年では、週休3日制への注目が高まっています。その背景には、「多様な働き方への需要増加」や「従業員の生産性の向上」といった働き方の変化があります。働き方改革の促進にともない、週休3日制がより実現可能な働き方となりつつあるのです。

週休3日制のメリット

近年、週休3日制を導入する企業が増えていますが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか? 企業の視点から見た2つのメリットを紹介します。
 

メリット① イノベーションの促進

 
ワークライフバランスの実現が可能な週休3日制では、従業員がしっかりと休息をとり、リフレッシュした状態で仕事に取り組めるため、従来に比べ、画期的なアイデアが生まれやすくなります。

イノベーションには、心身ともに健康で、仕事に対するモチベーションが高い従業員によるアイデアの創出が欠かせません。週休3日制を導入することによって、企業の発展に欠かせない、イノベーションが促進されることが期待できるでしょう。
 

メリット② 人材不足の解消

 
週休3日制を導入することにより、「ワークライフバランスの実現」や「プライベートの充実」が可能な企業としての認知が高まり、採用においての強みになります。これにより、人材不足の解消や、優秀な人材の確保が可能になるでしょう。

また、週休3日制では、従業員がプライベートの時間を増やせるので、従業員満足度が高まるともいわれてます。これにより、離職率の減少も期待できます。

仕事 イメージ
Freepik

週休3日制のデメリット

続いて、週休3日制を導入することで懸念される2つのデメリットを見ていきましょう。
 

デメリット① 従来通りの仕事量をこなすための対策が必要

  
1日あたりの勤務時間を8時間としたまま週休3日制を導入すれば、当然のことながら、1週間あたりの勤務時間が8時間減ってしまいます。

もちろん、勤務時間を短縮することで、画期的なアイデアが出やすくなったり、生産性が上がったりといった効果は期待できますが、1週間あたりの勤務時間が大幅に短縮されることには変わりはありません。

従業員のワークライフバランスを考え、休日を増やすのはいいことですが、従来通りの仕事量がこなせなくなってしまうようでは元も子もありません。企業側は、少ない勤務時間で、従来の仕事量をこなすための対策をとる必要があります。
 

デメリット② コミュニケーション不足

 
週休3日制を導入することにより、社外・社内でのコミュニケーション不足が懸念されます。例えば、取引先の企業が週休2日制の場合、週に4日しかやりとりができないため、スムーズにコミュニケーションをとることが難しくなるでしょう。

また、従業員ごとに異なる第3の休日を設けた場合、従来のように円滑にホウレンソウ(報告・連絡・相談)をすることが難しくなります。このように、週休3日制では、社内・社外でのコミュニケーション不足が懸念されるため、導入の際はしっかりとした対策が必要です。


資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

多忙 イメージ
Freepik

5つの企業事例

続いて、実際に週休3日制を導入している企業の事例を5つ紹介します。週休3日制の導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

事例① 株式会社ファーストリテイリング

 
世界中に展開する大人気ブランド『ユニクロ』や『ジーユー』などを展開する株式会社ファーストリテイリングでは、週休3日制を導入しています。変形労働制を利用し、週に4日、1日10時間勤務とすることで、フルタイム勤務と同じ給与を支給しています。

週に3日間、プライベートの時間を確保しつつ、フルタイムの給与を得ることができるので、家族の介護をしている従業員や、語学勉強に励む従業員など、多くの従業員が「この制度には助けられている」と語っています。
 

事例② 日本マイクロソフト株式会社

 
日本マイクロソフト株式会社では、働き方改革の一環として、週休3日制をトライアル導入しています。これは、「従業員が自らのワークライフの事情に応じて、働き方をチョイスできるように」という想いが込められた制度です。

2019年夏のトライアル導入後、社内で行われた従業員アンケートでは、満足度92.1%という結果が出ています。
 

事例③ ヤフー株式会社

 
ヤフー株式会社では、従業員の多様な働き方を支援すべく、「選べる勤務制度」を導入しています。「選べる勤務制度」とは、従来の完全週休2日制に加え、1週間あたり1日の休日を設けられるという制度です。

この制度の特徴としては、育児と介護を理由に、休日を取得したい従業員が、月単位で休日の申請・変更が可能なことが挙げられます。この制度を利用して取得した休日の給与は無給となってはいるものの、従業員の多様な働き方を可能にしています。

勤務時間 イメージ
Freepik

事例④ ヤマト運輸株式会社

 
ヤマト運輸株式会社では、2019年9月より、従業員がライフステージに合わせて勤務形態を選べる「労働日数・時間選択制度」を導入しました。人材不足の解消と、従業員のライフステージに応じた働き方の実現を目標に導入された制度です。

育児や介護といった条件を満たした従業員に、勤務体系の選択肢が与えられ、従業員は週休3日、または週休4日から選ぶことが可能です。
 

事例⑤ TOKYO BIG HOUSE株式会社

 
戸建て住宅の販売を行うTOKYO BIG HOUSE株式会社の不動産営業チームでは、週休3日制が導入されています。同社は、ワークライフバランスや仕事に対するモチベーションの低下を防ぐために、週休3日制度をはじめ、さまざまな働き方改革を導入しています。

そんなTOKYO BIG HOUSE株式会社では、営業チームの半数を対象に、月曜日・火曜日・水曜日の3日を休日とする「週休3日制」を、2019年8月より導入しました。長時間労働が懸念される不動産業界のイメージをくつがえすことと、従業員の幸福度の向上を狙いとしています。

週休3日制の導入、まずは事例をお手本に

ここまで、週休3日制のメリット・デメリットと、実際に導入済み企業の事例を5つご紹介しました。

週休3日制を導入することによって得られるメリットは大きいものの、デメリットも存在するため、導入にはしっかりとした目的と対策が欠かせません。週休3日制の導入を計画する際は、企業の事例を参考にするといいでしょう。


資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

 
参考:
https://www.fastretailing.com/employment/ja/uniqlo/jp/career/regional/threeday_weekend/
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2017/03/31a/
https://www.yamato-hd.co.jp/news/h30/h30_48_01news.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000045754.html
https://news.microsoft.com/ja-jp/2019/10/31/191031-published-the-results-of-measuring-the-effectiveness-of-our-work-life-choice-challenge-summer-2019/

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額39,000円(税抜)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ