WeWork 内観
2021.01.20

【拠点紹介】WeWork Hareza 池袋 – ビジネスとカルチャーが交差する街で生まれるコラボレーション –

拠点紹介拠点情報

日本国内にも多くの拠点を構える WeWork。それぞれの拠点ごとに、その拠点ならではの魅力があります。それは、立地やビルスペックなどのハード面においてはもちろん、コミュニティなどのソフト面においても同様です。

WeWork の各拠点にフォーカスして、情報をお届けする本シリーズ。今回は、東京・豊島区に位置する、WeWork Hareza 池袋の魅力に迫ります。

WeWorkとは?

WeWork(ウィーワーク)は、全世界38ヶ国151都市850拠点以上*にフレキシブルオフィスを展開しています。

フレキシブルオフィスとは、その名の通り、一般的な賃貸借契約とは違い、独自の利用規約に基づいて提供される、柔軟な契約スタイルを持つワークプレイスの総称です。

WeWork では、月単位契約可能、1名から数百名契約可能、国内拠点を横断的に利用可能といった、柔軟なオフィスソリューションをご提案しています。

また、世界で54万人以上*のメンバーが入居し、業界業種や企業の壁を越えたコラボレーションを通じ、新たなビジネスの機会を創出しています。

WeWork は、これからの多様な働き方を支援し、今までにないビジネスチャンスを創出する、新しいオフィスの価値を提供しています。

本記事では、2020年8月にオープンした WeWork Hareza 池袋について、ご紹介します。

* 2020年9月時点

WeWork 内観
WeWork 共用エリアの一例(WeWork 東京スクエアガーデン)

池袋の新ランドマークに誕生したWeWork国内最大級拠点

国家戦略特区認定の複合再開発により、公園や芸術文化劇場、シネマコンプレックスなどが建ち並び、まさにビジネスとカルチャーの交差点へと進化を遂げている池袋エリア。そんな池袋に2020年、33階建ての新ランドマーク、Hareza 池袋が誕生しました。Hareza 池袋は、日常とは異なる「ハレ」の場という意味を込めて名付けられており、池袋の街が一望できる眺望により、都心でありながらも季節の移り変わりや美しい時間の流れを感じることができます。

WeWork は同施設内18〜22階の5フロアにて、国内最大級拠点、WeWork Hareza 池袋を運営しています。JR・東京メトロ各線の池袋駅から徒歩4分という好アクセスに加え、ビル自体に最先端の制震技術や防災機能が備えらえており、安心して仕事に集中できる環境が整っています。

全5フロアからなる WeWork Hareza 池袋には、居心地の良い共用エリアや多種多様な会議室をはじめ、3〜数百名でご利用いただけるプライベートオフィスを完備。各フロアは内階段でつながっており、拠点内の移動もスムーズです。

WeWork 外観
WeWork Hareza 池袋の外観

池袋のカルチャーを反映したモダンなワークスペース

拠点ごとに異なる WeWork の内装デザインは、多くの拠点で、その土地ならではのアートやインテリアが取り入れられています。集中して仕事に取り組んだり、アイデアを練ったり、複数人でディスカッションをしたり、WeWork の革新的なワークスペースが、いつでもあなたの創造性を刺激します。

WeWork Hareza 池袋では、古き良き映画館の告知パネルをイメージしたコミュニティバーをメインに、池袋エリアに根付いた映画や日本絵画、アートなどからインスパイアされたインテリアデザインを採用。

明るい木目と黒メタルを基調としたエレガントな空間には、窓からたっぷりと日が差し込み、開放的な雰囲気を味わいながら仕事ができる環境となっています。窓辺にある掘りごたつエリアは、都会の景色を一望できる場所とあって、大変人気の高いスペースです。

WeWork 内観
WeWork Hareza 池袋の内観

広々としたモダンな空間が、メンバーの皆さま、そしてゲストの皆さまを、温かく迎え入れてくれます。

近隣拠点との交流も盛んなコミュニティ

WeWork Hareza 池袋には、フリーランスの方やスタートアップをはじめ、大企業による本社利用など、バラエティに富んだメンバーが入居しています。

WeWork コミュニティチームによると、WeWork Hareza 池袋は広々とした共用エリアが特徴的で、その開放感ある雰囲気の中、日々入居メンバーによる交流が生まれているそうです。WeWork の中でも珍しい掘りごたつ式のワークスペースがユニークさをプラスし、入居メンバーからは「開放感があって快適」「居心地が良い」「リラックスして仕事ができる」とのお声を多くいただいています。

また、池袋エリアにはもう一つの WeWork 拠点、WeWork メトロポリタンプラザビルがあります。さらに、近隣のリンクスクエア新宿、Dタワー西新宿も合わせて、共同でイベントを開催することもあり、拠点の垣根を越えたビジネス交流が盛んに行われています。

最近では、池袋の入居メンバーの口コミを集めて魅力的なローカルスポットを紹介する「池袋ランチマップ」を作成するなど、メンバー同士が気軽に交流できるオフラインイベントを開催しています。

WeWork 内観
WeWork Hareza 池袋の内観

イベントでのカジュアルな出会いからビジネスに発展

では実際に、WeWork Hareza 池袋にはどんなメンバーがいらっしゃるのでしょうか? 今回は、WeWork Hareza 池袋のメンバーであるアーキビジョン株式会社の澤谷氏に、WeWork Hareza 池袋の魅力について伺いました。

インタビュー 撮影

ー 御社の事業内容を教えてください。

弊社は、企業内で使われるアプリやシステム、いわゆる業務システムを使いやすくするためのUX/UIデザインとコンサルティングをやっている会社です。

私たちの仕事は、建築の世界でいう設計事務所のポジションに似ています。建築家は人が快適に過ごせる空間をデザインしますが、私たちは企業で働くプロの人たちが、スムーズに目的を達成するためのシステムをデザインしています。

業務システムというのは、使いやすさの定義がクライアントによって大きく異なります。一つ一つの要望に応えながら、地道に課題をクリアしていくことで、製品の品質が上がったり、納品までの時間が短縮されたり、部署をまたぐ連携が円滑になったりします。結果として、定時で帰宅できる従業員が増えたり、本来やりたかったことに時間を取れたりもするわけです。

使いやすさを改善することは、昨今多くの企業で経営課題に挙げられている働き方改革や、従業員のエンゲージメント向上を実現するために必要不可欠であり、私たちはその解決手段の一つとして、UXやUIのナレッジを活用している会社です。UXやUIと聞くと、美しくて格好が良いアプリをイメージされる方が多いですが、それは成果の一つに過ぎません。本質は、企業が抱える課題をデザイン思考で解決することです。

私たちのミッションは、プロの人たちがワクワクしながらゴールへ向かっていけるデザインを生み出し、評価されるべき人が評価される世界を作ることです。創業して14年になりますが、社長である私が、UX/UIデザインだけでなく、プログラマーとしても長年、開発現場に従事してきたため、デザインとエンジニアリングの両面から課題にアプローチできるのがアーキビジョンの強みです。

ー WeWork に入居した理由を教えてください。

以前は、池袋のシェアオフィスを転々としていました。いわゆる中小企業向けの小さなシェアオフィスです。新しい出会いはありましたが、私たちが得意とする業務システムを社内で運用しているような規模の会社とは、なかなか出会えませんでした。

そんな中、WeWork が池袋にできるというニュースを耳にしました。興味があったので、すぐに内覧を申し込みました。メトロポリタンプラザビルの14階に足を踏み入れると、その場のパワーに圧倒されました。立地やファシリティが良いのはもちろんのこと、拠点内を見て回っていると、各オフィススペースに貼られた入居企業のコーポレートロゴの中には、誰もが知る大企業のロゴがありました。私が知る限り、その会社と中小企業が同居するシェアオフィスなんて、聞いたことも見たこともないので、まさに衝撃的でした。

「なるほど、これが WeWork か」と思いましたね。ここなら胸を張ってクライアントを呼べますし、「なぜこんな小さな会社がこんな立派なオフィスに入っているんだ?」と驚くに違いないと思いました。

また、コミュニケーションを生み出しやすくするツールとして、エスプレッソマシンやビールサーバーか常備されているのも説得力がありますし、メンバーとのハブになってくれるコミュニティチームの存在も心強く感じました。ただ、ここで過ごす毎日を想像してワクワクすると同時に、危機感も湧き上がってきたのは事実です。

これまで14年間、幸いなことに仕事が途切れたことはありません。しかし、ブランディングやPR活動らしいことをほとんどしてきておらず、振り返ると、頼ってくれる多くの方々のお陰で成り立ってきたようなものだと思います。私はリーマンショックを経験しているので、受け身スタイルでビジネスをしていた仲間が倒れていく姿をこの目で見てきました。確かな実力と実績があると自負はしているものの、明日は我が身だといつも思っています。

だからこそ、「この場所で力を証明できる会社にならないと未来はない」と自分を奮い立たせたのを覚えています。そんな焦りが急激に込み上げてきたことで、その場ですぐに契約を決めました。

ー 数ある WeWork の中でも、WeWork Hareza 池袋を選ばれた理由は何でしょうか?

先程申し上げたように、実は私たちが最初に入居した拠点は、池袋にもう一つある、WeWork メトロポリタンプラザビルでした。温かみのある内装にフレンドリーな雰囲気が溢れる、WeWork らしい拠点です。そこで1年を過ごし、そのまま2年目を迎えるつもりでしたが、新たに WeWork Hareza 池袋がオープンするという話を聞いたんです。

Hareza 池袋は、もともと豊島区庁舎があった場所で、我々も昔、この付近のシェアオフィスにいたので、建設中からよく知っているエリアではありました。池袋は、豊島区が芸術振興に力を入れるアートの街としても知られていて、西(メトロポリタンプラザビル)と東(Hareza)でカルチャーも雰囲気も異なる多様性の街です。東の新しいランドマークとなるHareza 池袋で、また一から始めることを想像すると、楽しくなってきたんですよ。

東と西は徒歩で行き来できるので、WeWork メトロポリタンプラザビルにいる仲良しメンバーやコミュニティチームにはすぐに会いに行けます。それに、WeWork にいる限り、どの拠点も自由に行き来できるので、メイン拠点を変えるのは、部屋を引っ越すくらいの感覚なのかもしれません。同じ池袋なので、通勤時間も変わらず好都合です。

WeWork Hareza 池袋は、大部屋が多いので、私たちの得意な業務システムと相性がよい企業が入居する可能性もあります。動き続けてチャンスを掴む。新しいチャレンジの場として、WeWork Hareza 池袋はぴったりな場所でした。

ー WeWork Hareza 池袋には、どのような魅力がありますか?

シアターをコンセプトにしたシックな内装が、クリエイティブな気分をさらに盛り上げてくれますし、共用エリアのスペースが広いので、ゆったりと余裕を持って仕事ができる点も良いですね。また、池袋は高層ビルが少ないので、天気が良いときには、窓から北関東の山脈を望むことができます。日中、窓際の席で仕事をしていると気持ちが晴れますし、日が沈むと、施設内の間接照明が映え、大人な雰囲気に変わるのも見所だと思います。

そして、池袋は駅周辺ですべての用事が済んでしまうほど便利な街です。特に WeWork Hareza 池袋周辺には、選ぶのに困るほどランチスポットがありますし、こだわりの日本酒を揃えたお店も多数点在しています。最新設備を整えた映画館もあるので、仕事が早く終わったときには映画を観て気分をリセットすることもできます。リーズナブルなビジネスホテルも沢山あるので、出勤が早い日や出張の前日など、池袋に泊まってゆっくり気持ちを整えることもあります。

ー WeWork での出会いがビジネスに発展したことはありますか?

実は最近、我々と同じタイミングで WeWork Hareza 池袋に引っ越してきた企業様と、一緒にお仕事をさせてもらっています。元々いた拠点も違えば、資本関係も血縁関係もコネクションも何もありません。WeWork でのイベントで出会い、ビールを飲みながらUXの話で盛り上がった延長線上に、今の関係があります。

そんな感じで、ちょっとしたきっかけから、今では隣り合わせの部屋で仕事をする関係性が築けるのは、当たり前のことではないですよね。でも、そういったことが当たり前のように起こるのが、WeWork の良さだと思っています。

>> アーキビジョン株式会社について、詳しくはこちら

オフィスや働き方の見直しなら、WeWork

いかがでしたでしょうか? 好アクセスかつハイスペックなオフィス環境で、多種多様なビジネスパーソンとの交流を生み出す WeWork Hareza 池袋。

今回は WeWork Hareza 池袋についてご紹介しましたが、WeWork には、ほかにも個性豊かな拠点が多く存在します。

これからのオフィスのあり方についてお悩みの方、多様で柔軟な働き方の実現に向けてご検討中の方は、ぜひ WeWork へお問い合わせください!


資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ

WeWork Hareza 池袋の基本情報

【住所】
東京都豊島区東池袋1-18-1(WeWork 受付 20F)

【アクセス】
JR 山手線・湘南新宿ライン・埼京線 池袋駅 徒歩4分
JR 成田エクスプレス 池袋駅 徒歩4分
東京メトロ 丸ノ内線・有楽町線・副都心線 池袋駅 徒歩4分
西武池袋線 池袋駅 徒歩4分
東武東上線 池袋駅 徒歩4分

【デスク数】
2,187

【オープン日】
2020年8月

【メンバーシップに含まれる内容】* メンバーシップに含まれる内容は、拠点によって異なる場合がございます。
常駐スタッフ / 清掃サービス / 24時間アクセス / 共用エリア / 高速インターネット / コーヒー / 会議室 / 電話ブース / 印刷機器 / ウェルネスルーム* / ペアレンツルーム / イベント(オンライン・オフライン)など

* ウェルネスルームは、ソファが設置された個室です。宗教上、お祈りをされる方や、体調が優れない方などが、一時休憩としてご利用いただけます。

【主な周辺施設】
池袋駅前郵便局(65m)
みずほ銀行 池袋支店(400m)
三菱UFJ銀行 池袋支店(300m)
ローソン 東池袋店(70m)
ファミリーマート 東池袋明治通り店(100m)
三井のリパーク 東池袋1丁目 第2駐車場(50m)

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額42,900円(税込)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロードWeb面談申込お問合せ