WeWork 内観
公開日:2021.02.26 | 更新日:2021.06.05

【拠点紹介】WeWork 日比谷パークフロント – 緑豊かな都会のオアシスでビジネスを加速 –

拠点紹介拠点情報

日本国内にも多くの拠点を構える WeWork。それぞれの拠点ごとに、その拠点ならではの魅力があります。それは、立地やビルスペックなどのハード面においてはもちろん、コミュニティなどのソフト面においても同様です。

WeWork の各拠点にフォーカスして、情報をお届けする本シリーズ。今回は、東京・千代田区に位置する、WeWork 日比谷パークフロントの魅力に迫ります。

WeWorkとは?

WeWork(ウィーワーク)は、全世界38ヶ国151都市850拠点以上*にフレキシブルオフィスを展開しています。

フレキシブルオフィスとは、その名の通り、一般的な賃貸借契約とは違い、独自の利用規約に基づいて提供される、柔軟な契約スタイルを持つワークプレイスの総称です。

WeWork では、月単位契約可能、1名から数百名契約可能、国内拠点を横断的に利用可能といった、柔軟なオフィスソリューションをご提案しています。

また、世界で54万人以上*のメンバーが入居し、業界業種や企業の壁を越えたコラボレーションを通じ、新たなビジネスの機会を創出しています。

WeWork は、これからの多様な働き方を支援し、今までにないビジネスチャンスを創出する、新しいオフィスの価値を提供しています。

本記事では、2018年7月にオープンした WeWork 日比谷パークフロントについて、ご紹介します。

* 2020年9月時点

WeWork 内観
WeWork 共用エリアの一例(WeWork 東京スクエアガーデン)

アクティブな都市生活に清涼なくつろぎを添える日比谷公園

官庁やオフィスが立ち並ぶ東京都心の内幸町。この場所に、WeWork 日比谷パークフロントはあります。WeWork 日比谷パークフロントは、内幸町駅や霞ヶ関駅直結のビル、日比谷パークフロント内に位置し、天候に左右されないストレスフリーなアクセスが可能です。

WeWork 日比谷パークフロントの目の前には、都会の喧騒を忘れさせてくれるような日比谷公園の緑景が広がり、この拠点の魅力のひとつとなっています。また、ビルの地下には飲食店街も充実。ランチ休憩や仕事終わりなど、一息つきたいときに気軽に利用できるので、ビジネスパーソンの強い味方です。

WeWork 日比谷パークフロントは、企業の本社として、もしくはプロジェクトルームとしてのご利用実績が多数あり、各種セキュリティサービスの追加などにも柔軟に対応可能です。全4フロアには、2〜300名まで、多様なニーズに応える大小さまざまなオフィスをご用意しています。

また、会議室を25部屋と、多く設けているのも特徴です。会議室も大小さまざまなサイズがあり、そのうち15の会議室ではモニターもご利用いただけますので、Web会議にも十分対応可能です。

WeWork 内観
WeWork 日比谷パークフロントの内観

ビジネスを活性化する唯一無二のワークスペース

拠点ごとに異なる WeWork の内装デザインは、多くの拠点で、その土地ならではのアートやインテリアが取り入れられています。集中して仕事に取り組んだり、アイデアを練ったり、複数人でディスカッションをしたり、WeWork の革新的なワークスペースが、いつでもあなたの創造性を刺激します。

WeWork 日比谷パークフロントの共用エリアは、3メートルの天高で広々としており、開放的で快適な空間が特徴です。フロア全体には緑が多く設置されており、目にも優しく、自然とリラックスできる空間が広がっています。

インテリアデザインにおいては、オフィスの既存概念を壊すことを目指し、日本のお菓子からインスピレーションを受けたアートを取り入れるなど、遊び心を取り入れながら、全体的にラグジュアリーな空間となっています。多くのネオンが空間をポップに彩りながら、レインボーカラーの内階段や卓球会議室が、この拠点にユニークさをプラスしています。

WeWork 内観
WeWork 日比谷パークフロントの内観

明るく開放的な空間が、メンバーの皆さま、そしてゲストの皆さまを、温かく迎え入れてくれます。

ビル内の交流も盛んな和気あいあいとしたコミュニティ

WeWork 日比谷パークフロントは、諸官庁が集う霞ヶ関にほど近いエリアに位置していることもあり、大企業の方々を中心に、現在は約20社ほどのメンバーにご利用いただいています。

夕方以降になると、パントリーエリアに自然と人が集まり、企業の垣根を越えた交流が日々生まれています。時には、WeWork コミュニティチームもその輪の中に入り、メンバーのビジネスに関するご相談を聞いたり、プライベートのお話をしたりと、和気あいあいとしたコミュニティが築かれています。

また、WeWork 日比谷パークフロント独自のサービスとして、ビル運営自体にも WeWork コミュニティチームが関与しており、テナント間の交流も盛んに行われています。現在は、新型コロナウィルスの影響により、一部中止になっている交流会もありますが、例えば、ビル屋上庭園での野菜の収穫体験やヨガレッスンなどを通じて、同じビル内のほかテナント企業とも交流する機会が多くあります。

屋上庭園

アクセス、ハイスペックなオフィス環境、拡張性。全てが揃うWeWork

では実際に、WeWork 日比谷パークフロントにはどんなメンバーがいらっしゃるのでしょうか? 今回は、WeWork 日比谷パークフロントのメンバーである社団法人全国経営者団体連合会の谷口氏とZVC Japan株式会社の加賀氏に、WeWork 日比谷パークフロントの魅力について伺いました。

【社団法人全国経営者団体連合会様】

撮影

ー 御社の事業内容を教えてください。

社団法人全国経営者団体連合会は、業種と地域の枠を超えて、中小企業経営者や起業家、ビジネスキーマンが集う「人脈」と「情報」の「広場」を提供する団体です。1983年(昭和58年)の発足以来、企業同士の交流を目的とした交流会や名刺交換会、展示会、各種セミナーをはじめ、経営コンサルティングを提供してまいりました。全経連は、会員である経営者の皆様に、「人脈形成」と「ビジネスマッチング」の機会を提供するとともに、資金調達、人材育成、販路拡大、広報支援に関するコンサルティングサービスを提供し、中小ベンチャー企業を盛り上げ、元気な経営者を育成していくことをミッションとしています。

ー WeWork に入居した理由を教えてください。

まずは、オフィスとしての設備や環境に魅力を感じました。共用エリアにテラス、オフィス全体のデザインコンセプトなど、とにかく素晴らしく、ここならお客様も招待しやすいと感じましたね。あとは、多種多様な企業や異業種とのコミュニケーションが積極的にとれる点も良かったです。

ー なぜ WeWork 日比谷パークフロントを選ばれたのでしょうか?

シンプルに、前の会社からの距離が近いという立地的な理由です。また、日比谷公園が隣接しており、自然豊かな環境にも惹かれました。

ー WeWork 日比谷パークフロントの好きなところを教えてください。

4つあります。1つ目は、日比谷公園が近いことです。これは、会社にお越しいただくゲストの方にも大変気に入っていただいているポイントです。2つ目に、ワークスペースとしてきちんとビジネスに集中できる環境でありながら、適度に気分転換できる仕掛けがたくさんあることです。3つ目は、エントランスがかっこいいこと。そして4つ目は、なんといっても WeWork のコミュニティチームが素敵な方たちなことです!

>> 社団法人全国経営団体連合会について、詳しくはこちら

【ZVC Japan株式会社(Zoom)様】

イメージ画像

ー 御社の事業内容を教えてください。

ZVC Japan株式会社は カリフォルニア州サンノゼに本社があり、ビデオコミュニケーションのサービス『Zoom』を展開しています。『Zoom』は、PCクライアントやモバイルアプリを立ち上げるだけで、音声、ビデオ、コンテンツ共有を簡単にできます。働き方改革の真っ只中における、リモートワークや遠隔授業、遠隔入学式、遠隔卒業式、遠隔医療、リモート飲み会など、さまざまな組織、チーム、社外とのコミュニケーションを解決いたします。ほかにも、10,000+人向けのウェブセミナーをやりたい!などといったご要望にもお応えできます。『Zoom』は、インターネット環境があれば、デバイス問わずご利用いただけます。

ー WeWork に入居した理由を教えてください。

まずは、利用できる拠点数が多いこと。そして、入居後のビジネス環境の変化にも柔軟に対応できる拡張性や、WeWork のコミュニティチームが多彩で、日頃から手厚くサポートを受けられる点が気に入りました。

ー なぜ WeWork 日比谷パークフロントを選ばれたのでしょうか?

ワークスペースの広さとアクセスのしやすさ、そして、オフィスから望む眺望ですね!

ー WeWork 日比谷パークフロントの好きなところを教えてください。

安全で安心してビジネスに集中できるセキュアなビル環境です。また、拠点内のスムーズでストレスフリーな導線や、屋上からの景色も最高です。それに、実際に入居してみると、やはり快適なアクセスには大変満足しています。

>> ZVC Japan株式会社について、詳しくはこちら

オフィスや働き方の見直しなら、WeWork

いかがでしたでしょうか? 駅からのアクセスが良く、和気あいあいとした雰囲気のコミュニティが築かれている WeWork 日比谷パークフロント。

今回は WeWork 日比谷パークフロントについてご紹介しましたが、WeWork には、ほかにも個性豊かな拠点が多く存在します。

これからのオフィスのあり方についてお悩みの方、多様で柔軟な働き方の実現に向けてご検討中の方は、ぜひ WeWork へお問い合わせください!


お役立ち資料一覧現地 / Web内覧申込

WeWork 日比谷パークフロントの基本情報

【住所】
東京都千代田区内幸町2-1-6(WeWork 受付 19F)

【アクセス】
都営三田線 内幸町駅 直結
東京メトロ 千代田線・日比谷線・丸ノ内線 霞ヶ関駅 直結
東京メトロ 銀座線 虎ノ門駅 徒歩5分
東京メトロ 銀座線 新橋駅 徒歩7分
都営浅草線 新橋駅  徒歩7分
JR 各線 新橋駅 徒歩9分

【オープン日】
2018年7月

【メンバーシップに含まれる内容】* メンバーシップに含まれる内容は、拠点によって異なる場合がございます。
常駐スタッフ / 清掃サービス / 24時間アクセス / 共用エリア / 高速インターネット / コーヒー / 会議室 / 電話ブース / 印刷機器 / ウェルネスルーム* / ペアレンツルーム / イベント(オンライン・オフライン)など

* ウェルネスルームは、ソファが設置された個室です。宗教上、お祈りをされる方や、体調が優れない方などが、一時休憩としてご利用いただけます。

【主な周辺施設】
NTT日比谷ビル内郵便局(350m)
りそな銀行 虎ノ門支店(400m)
ファミリーマート(150m)
セブン-イレブン(ビル内)

・本記事の内容は、公開日時点の情報をもとに作成しています。

WeWork Japan 合同会社
東京都港区南青山 1–24-3
050-1742-2028

Recommended

もっと見る

WeWork All Access(オールアクセス)で、新時代の働き方を実現

WeWork 外観

WeWork では、テレワークやサテライトオフィスを中心とした、これからの多様な働き方のニーズに応えるプラン「All Access(オールアクセス)」をご用意しています。All Access(オールアクセス)は、1人あたり月額42,900円(税込)で、国内30拠点以上の共用エリアが使い放題となるプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。WeWork で、新時代の働き方を実現しませんか?

資料ダウンロード現地 / Web内覧申込お問合せ