WeWork Japan

2022.11.15

WeWork Japan、LGBTQ+に関する取り組みを評価する「PRIDE指標」最高位「ゴールド」を2年連続受賞

プレスリリース

フレキシブルオフィスを展開する WeWork Japan 合同会社(東京都港区、最高経営責任者:ジョニー ユー、以下 「 WeWork Japan 」)は、LGBTQ+などの性的マイノリティ(以下、LGBTQ+)に関する取り組みを評価する「PRIDE指標」において、最高位の「ゴールド」を2021年度に続き2年連続で受賞しました。今年度は、LGBTQ+への理解を促進する取り組みの継続的な実施、そして新たに従業員向けに実施したInclsuioin & Diversityトレーニングの活動等が評価されました。

PRIDE 指標における「ゴールド」表彰マーク

2022年 WeWork Japan LGBTQ+に関する具体的な取り組みについて

社内イベントの継続的な実施

  • 世界各国で実施される6月の「プライド月間」で、LGBTQ+について啓発を促す様々なイベントを WeWork Japan の拠点で開催。また、従業員有志により発足したEmployee Community Groupである Pride of WeWork が、クイアアーティストの展示会を WeWork アイスバーグ拠点で企画運営しました。

社外イベントへの協賛、参加の積極的な呼びかけ

  • WeWork Japan が昨年より賛同している、婚姻の平等に賛同する企業を可視化するためのキャンペーン「Business for Marriage Equality」が主催するイベントに協賛。キャンペーン賛同企業の交流会イベント実施会場として、 WeWork 神谷町トラストタワー拠点と WeWork 御堂筋フロンティア拠点を無償提供しました。

従業員向けの理解促進の取り組み

  • WeWork Japanの従業員向けに、Inclsuioin & Diversity トレーニングを新設し、アライについて学ぶ機会を提供しました。

PRIDE 指標について

「企業・団体等の枠組みを超えてLGBTQ+が働きやすい職場づくりを日本で実現する」を目的に、任意団体「work with Pride」によって2016年6月に策定された評価指標です。この指標は、PRIDE の各文字に合わせた以下の5つのカテゴリに分類されています。

  1. Policy (行動宣言)
  2. Representation (当事者コミュニティ)
  3. Inspiration (啓発活動)
  4. Development (人事制度・プログラム)
  5. Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

参考

work with Pride

WeWork Japan 2021年「PRIDE指標」ゴールド受賞発表および昨年までの取り組みについて

Latest News

もっと見る