2021.06.24

ゴールドマン・サックスがバーミンガムのWeWorkへ入居

その他情報

WeWork 55 Colmore Rowの1フロア占有し、都市におけるプレゼンス向上目指す

※本リリースは、英国時間2021年6月16日に公開された “Goldman Sachs to take space with WeWork in Birmingham” の抄訳です。

ロンドン、2021年6月16日 – ゴールドマン・サックスは、バーミンガムのWeWork 55 Colmore Row(コルモア・ロウ)拠点1フロア占有において、2年間のメンバーシップを契約したことをお知らせします。従業員は、2021年9月までに55 Colmore Rowのオフィスに移ります。また、必要に応じ、オフィススペースの拡張・拡大についても検討する予定です。

ゴールドマン・サックスは、バーミンガムにオフィスを開設する計画や、エンジニアリング部門を中心に、今後数年間で数百人の従業員を採用する計画を今年4月に発表していました。同社は、将来的にはバーミンガムに恒久的なオフィスを構える意向で、同地域でのプレゼンスを高めたいと考えています。

WeWork 55 Colmore Rowは、6階建てのビルののうち3フロアを占めており、総賃貸面積は55,000平方フィートです。(およそ5,100㎡。東京ドーム1個分を超える広さ)敷地内には、バリスタバー、ペアレンツルーム(乳児をお連れの方がご利用いただける個室スペース)、自転車置き場、そして、自転車で通勤したり、ランチタイムにフィットネスクラスに参加する人たちのためのシャワーなどの設備が用意されています。

歴史的・建築的に重要な建造物として英国における第二級指定建築物に指定されている美しい建物は、アーチ型の窓などの歴史的特徴と、ガラスのアトリウムなどの現代的な影響を融合させたデザインで、光にあふれ、広々としており、インパクトのある第一印象を与えます。

WeWork 55 Colmore Rowは、コラボレーションと生産性を促進するように設計されています。建物内には、バーミンガムの多文化コミュニティを示すネオン製の「握手」モチーフのアートワークや、バーミンガムの産業遺産を示すネオン製の「煙突」を模したアートワークなど、バーミンガムに敬意を表したデザインが施されています。

このビルは、バーミンガム・スノー・ヒル駅に近く、バーミンガム・ニュー・ストリート駅やバーミンガム・ムーア・ストリート駅、そして市の中心部からも近接した好立地にあります。また、近くにはジムやレストラン、バーなどがあり、市内で最も便利な場所に位置しています。

ゴールドマン・サックスのマネージング・ディレクターで、バーミンガム・オフィスの責任者であるGurjit Jagpal(グルジット・ジャグパル)氏は、次のように述べています。

「このワールドクラスのオフィスに入居できることを大変嬉しく思います。バーミンガムの中心地に位置し、アメニティが充実しており、コラボレーションと柔軟性を重視したワークスペースは、バーミンガムの新設オフィスとして理想的な環境であり、この街での私たちの野望を実現する足がかりとなるでしょう。バーミンガムオフィスにはすでに優秀な人材が集まってきており、この新オフィスでゴールドマン・サックスらしい起業家精神に富んだ文化を築いていくことを楽しみにしています。」

WeWorkの金融サービス営業部門のグローバルヘッドであるNick Giraudeau(ニック・ジロドー)は、次のように述べています。

「ゴールドマン・サックスのバーミンガムにおけるプレゼンス向上のために、WeWorkが選ばれたことを心から嬉しく思います。私たちは、最新のハイブリッドな働き方において、金融業界各社が拡張性のある柔軟なスペースを重要視していること、更に従業員のエンゲージメントやコラボレーションが向上するワークスペースへの需要が高まっていることを実感しています。ゴールドマン・サックスは、柔軟性とコラボレーションを軸とする先進的なワークプレイスを導入し、人材の確保と定着に加えて、成長とイノベーションを実現する戦略を、リードしていくでしょう。」

同地域の公式投資促進機関であるWest Midlands Growth Companyのチーフ・エグゼクティブ、Neil Rami(ニール・ラミ)氏は、次のように述べています。

「ゴールドマン・サックスを同地域の金融街の中心に迎えることができ、大変嬉しく思います。バーミンガムは、将来的にテクノロジー分野での成長が見込まれており、街の方向性と、最高の人材を確保しようとするゴールドマン・サックスの野心が完全に一致しています。来年開催される2022年バーミンガムコモンウェルスゲームでは、ゴールドマン・サックスの参入により、この地域が国際的に重要なカルチャーの発信地になるでしょう。」

 

ゴールドマン・サックスについて

ゴールドマン・サックス・グループは、投資銀行業務、証券業務、投資管理業務を行う世界有数の企業であり、企業、金融機関、政府、個人を含む広範かつ多様な顧客層に幅広い金融サービスを提供しています。1869年に設立されたゴールドマン・サックス・グループは、ニューヨークに本社を置き、世界の主要な金融センターにオフィスを構えています。

 

WeWorkについて

WeWorkは、人や企業が集まり、最高の仕事ができる環境を作るというビジョンのもと、2010年に設立されました。ニューヨークに第1拠点をオープンして以来、テクノロジーを駆使した柔軟なソリューション、安全性を重視したインスパイアリングなスペース、そして唯一無二のミュニティ体験を提供する、グローバルなフレキシブルスペースプロバイダーに成長しました。フリーランサーからフォーチュン500企業まで、すべての人がより意欲的に、生産的に、そして幸せになるためのワークプレイスのあり方と未来の働き方を常に再考し続けています。https://wework.com 

Latest News

もっと見る